gumi Cryptos、DAG採用「Spacemesh」のノード運営を開始

gumi Cryptosが「Spacemesh」のノード運営を開始

gumiの連結子会社としてブロックチェーン事業を展開するgumi Cryptos(グミクリプトス)が、コンセンサスプロトコル「Spacemesh(スペースメッシュ)」にマイナーとして参加し、ノード運営を開始したことを9月9日発表した。

「Spacemesh」はPoST(Proof of SpaceTime)という新しいプロトコルを用いた分散型プラットフォームだ。ビットコインなどで採用されているPoW(Proof of Work)ではコンピュータの作業量に応じて報酬が与えられるが、PoSTでは余剰ディスクスペース量とその提供時間に基づいて報酬が分配されるとのこと。

また「Spacemesh」のPoSTは、DAG(Directed Acyclic Graph:ダグ)の構造の一つであるブロックメッシュ構造をベースとしているため、ブロックが一本の鎖状に連なるのではなく複数の方向に連なるメッシュ構造を構築しているとのこと。このようなブロックメッシュ構造などの特徴により、「Spacemesh」はパーミッションレスなプロトコルでありながら高いスループットをサポートでき、従来のPoWのマイニングよりもはるかに少ないエネルギー消費のため、ユーザーの参加も容易となるとのことだ。

gumi Cryptosと「Spacemesh」を運営する米Unruly Technologies(アンルーリー・テクノロジーズ)は2020年6月に、日本市場参入のための戦略的パートナーシップ契約締結をしていた。

今回のノード運営参加は、両社の関係強化等を企図したものだと説明されている。

関連ニュース

gumi CryptosとUnruly TechnologiesがSpacemeshの日本ブロックチェーン市場への進出に向け提携

【取材】Web3特化ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」、約130億円資金調達

gumi、1億ドル(約109億円)規模の暗号資産専門ファンド組成へ

gumiがケイマン諸島でweb3ファンド組成、上場トークン投資など

gumi CryptosとTheta Labsが日本ブロックチェーン市場への進出に向け戦略的パートナーシップ締結

参考:gumi Cryptos
デザイン:一本寿和
images:iStocks/royyimzy

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ