【取材】Web3特化ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」、約130億円資金調達

Web3特化ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」、約130億円資金調達

gumiや新生銀行らが出資するWeb3特化ファンド「gumi Cryptos Capital」が、2号ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」で約130億円(1.1億ドル)の資金調達を完了したことが3月31日に分かった。ちなみに今回の2号ファンドの組成は昨年9月に決議されていた。

今回の出資者はgumi、新生銀行、GMF Capital、Rockaway Venturesとなっている。2号ファンドの運用期間は10年。

1号ファンドの「gumi Cryptos Capital」は、2018年5月30日に組成された。公式発表によれば、1号ファンドの実績は投資件数が36、ファンド規模が24.4億円、これまでの投資額が20.4億円、現在価値が598億円、投資倍率が24.6倍とのことだ。投資件数36のうちエクイティが16件、トークン20件で、そのうち8件はリード投資家として参画とのこと。

1号ファンドの具体的な投資先としては、OpenSea、Yield Guild Games、Celsius Network、Qredo、Agoric、Astar、 1inch、VEGA protocolなどがある。ちなみにOpenSeaとYield Guild Gamesにはシードで投資を行なっている。

また2号ファンドは、Web3関連のゲーム、NFT、DeFi、メタバース、各種DAO関連、マルチ チェーン、マルチリージョン、クロスチェーンソリューション、インフラ、開発者向けのツール、アプリケーションなどの分野を対象に、約50社への投資を実施予定という。 出資額は初期投資および追加投資を通じて、1社あたり50万ドルから500万ドルの想定とのことだ。

gumi Cryptos Capital Fund IIのジェネラルパートナーである國光宏尚氏は次のようにコメントしている。

「我々の投資コンセプトは明確で、『Web3ならでは』を実現しているプロジェクトであること。1号ファンドでは、 DeFi、NFT、GameFi、レイヤー1、レイヤー2周りを重点的に投資してきました。いずれもWeb3ならではのプロジェクトで、各社高い成果を出しています。2号ファンドは上記に追加して各種DAO関連、メタバース、マルチ チェーン、マルチリージョン、クロスチェーンソリューションに注目していきたいと思います。 1号ファンドは我々の想定以上に素晴らしい結果になりましたが、2号ファンドでも1号を遥かに上回る成果を出し ていきたいと思います!Web3 is Now!」

gumi Cryptos Capitalの國光宏尚氏へ取材

「あたらしい経済」編集部はgumi Cryptos Capital Fund IIのジェネラルパートナー國光宏尚氏へ取材を行なった。

−−1号ファンドで大きな実績を生み出せたのは、何が要因だったと考えていますか?

1つ目は、Web3においてもシリコンバレーを軸にした米国が中心になると予想し、かなり早いタイミングで、そのネットワークに深く食い込んだことです。

また、米国のローカルチームを中心に運営したことも大きいと思います。 2つ目は投資領域をDeFiやNFTやゲーム、レイヤー1、レイヤー2など、ブロックチェーンならではのイノベーションと相性が良い領域に絞り込んだことです。上記の結果、日本とグローバルのハブになるポジションを確立することができ、さらに大きな実績につながったと思います。

−−Web3において大きな成果をもたらす事業体には、どのような素養が必要だと考えていますか?

1つ目は、既存のテクノロジーでもできることをわざわざブロックチェーンでやろうとするのではなく、ブロックチェーンじゃなきゃできないイノベーションを生み出そうとすること。

2つ目は、環境の変化に爆速で適応していくこと。

3つ目は、Day1からグローバルを意識した体制を構築していくことが重要だと思います。

 

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【取材】zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored