gumi CryptosとTheta Labsが日本ブロックチェーン市場への進出に向け戦略的パートナーシップ締結

gumi CryptosとTheta Labsが日本ブロックチェーン市場への進出に向け戦略的パートナーシップ締結

株式会社gumiの連結子会社としてブロックチェーン事業を展開する株式会社gumi Cryptosが、コンセンサスプロトコル「Theta(シータ)」を運営するTheta Labs, Inc.と戦略的パートナーシップ契約を締結したことを6月17日発表した。

今回のパートナーシップ契約は「Theta」の日本市場参入の支援を目的としているとのことだ。

gumi社は「Theta」に対しブロックチェーン業界へのプロモーションのほか、動画配信プラットホームやVRコンテンツ等との連携を図ることで日本進出の支援を行うとのこと。

またgumi Cryptos社はTheta Labs, Inc.と「Theta」の技術を日本のメディア企業に紹介するための新たな事業開発契約を締結しているとのこと。これによりgumi Cryptos社は、日本の暗号資産業界での経験を活かしたアドバイスも行うとのことだ。

Theta Labs, Inc.のCEOであるMitch Liu(ミッチ・リュー)氏は「5月末にはTheta Mainet 2.0がローンチされ、新たなグローバル市場への展開を開始する絶好のタイミングです。 2020年中にThetaが広く普及することを期待しており、日本への進出は海外展開における重要な位置づけになります」とコメントをしている。

また株式会社gumi Cryptosの代表取締役社長である國光宏尚氏は「Theta の初期のサポーターとして、Thetaのユースケースが日本にも拡大していくことを期待しています。日本はブロックチェーンの普及において世界的に先行しており、Thetaのような実用的なブロックチェーンプラットホームを普及させる市場としても最適です」とコメントをしている。

編集部のコメント

今回発表されたリリースによると「Theta」は、既存の動画配信で同一のコンテンツを多くのユーザーの端末に効率的に配布する仕組みである中央集権型CDN(Contents Delivery Network)のコストと配信速度の課題を解決するために、自律分散型のCDNの運営を行っているとのことです。

自律分散型CDNは国や地域ごとに配置する中央集権型CDNとは異なり、ユーザー各個人の端末を相互にCDNとし、またCDNに参加する報酬としてトークンを付与することで自律分散型を成立させるとのことです。

なおgumi Cryptos社はすでにTheta Enterprise Validator Nodeの運営をしており、同社はSamsung、Binance、Blockchain Ventures、Google等と並んでThetaのブロック生成とガバナンスに参加する「Theta」の重要なステークホルダーであるとのことです。

gumiでは、デジタルデータを活用しているモバイルコンテンツ等の領域との親和性が非常に高いブロックチェーン事業を重要基盤の一つと位置付けており、今までにも分散型パブリックブロックチェーンの開発を行うOntology Foundation Ltd やNEO Foundation Ltd との戦略的提携を発表しています。今回の「Theta」との提携についてもgumiの業容拡大を狙った取り組みの一環であると思われます。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。