バイナンスに流入するUSDCが増加する可能性も、サークルCEO

バイナンスに流入するUSDCが増加する可能性も

米ドルステーブルコイン「USDC」を発行するサークル(Circle)CEOジェレミー・アレール(Jaremy Allaire)氏が、バイナンス(Binance)のステーブルコインへの方針について自身のツイートで見解を示した。

昨日、バイナンスはユーザーの「USDC」、「USDP」、「TUSD」の口座残高と新規預金を1:1の割合で自社発行のステーブルコイン「BUSD」に変換する方針を発表した。またスポット取引、先物取引、ステーキングサービス、Binance Payなどその他多くのサービスでも主要ステーブルコインの対応をストップする予定を発表した。

このバイナンスの方針に対して、まずサークルCEOジェレミー・アレール氏は「バイナンスはUSDCのサポートを終了するわけではなく、方針変更によってバイナンスに流入するUSDCが増える可能性が高いです」と説明し、「バイナンスの狙いは、ステーブルコインをドルの流動性と現金同等物のみに担保されたものとして集約していくことでしょう。それは流動性と市場の深さのために良いことです。ちなみにUSDTは現金と同等ではありませんし、近いものでもありません」とツイートした。

さらにジェレミー氏は「そしてバイナンスの現在のUSDTの流動性を考えると、USDTをBUSDへ自動変換することはあまりに破壊的なので、今はまだ対応することができないのでしょう」と続けた。

最後にジェレミー氏は「私たちはUSDCで、そしてサークルの中立的な市場インフラプレーヤーとしての役割で、長い間、運営を続けてきましたし、今もそうしていることに非常に自信を持っています。自信を持つことが重要です」と締めくくっている。

参考:Circle CEO
デザイン:一本寿和
images:iStocks/4×6・agcuesta

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored