ロシア、ステーブルコイン活用の決済インフラ開発中か=報道

ロシア、ステーブルコイン活用の決済インフラ開発中か=報道

ロシア財務省が、米ドルやユーロ建での国際決済を回避するため、ステーブルコインを活用する決済インフラ開発を進めていることをロシア国営通信「Tass」が9月6日に報じた。

ウラジオストクでの会議でロシア財務副大臣のアレクセイ・モイセイエフ(Aleksey Moiseyev)氏がこの決済インフラ開発について発言したとのことだ。

アレクセイ氏は「ロシアは、いくつかの友好国と協力して、実物資産を準備資産としたステーブルコインを活用したクロスボーダー決済のための決済プラットフォームを構築している」と伝えている。

さらに同氏は「ドルやユーロを使わないで、二国間のプラットフォームを作るために、現在多くの国々と協力している。私たちはこれらのプラットフォームで使用される、相互に受け入れ可能なトークン化された金融商品を提案している。ステーブルコインは、金などその価値が明確で、すべての市場参加者が観察可能な、普遍的に認められた商品とリンクさせることができる」と説明している。

なお同メディアによれば、ロシアの財務省と中央銀行は、現状の経済環境を考えるに暗号資産を活用した国境を跨ぐ決済システムが必要だと共通の理解を示しているという。

また一部報道では、ロシア財務省と中央銀行は、国際決済における暗号資産の利用を合法化する動きが進められていると報じられている。

参考:Tass
images:iStocks/NatanaelGinting・YayaErnst
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/1話題】トヨタ協賛のweb3ハッカソン、ロッテがブロックチェーンでカカオ豆に関する実証実験など(音声ニュース)

トヨタ自動車協賛のweb3ハッカソン開催、博報堂キースリー、ロッテ、ブロックチェーンでカカオ豆のトレーサビリティと児童労働リスク情報に関する実証実験、【取材】三菱UFJ信託ら、「トレーサブルNFT」と「日本酒トークン」の発行目指す、貿易情報連携PF「トレードワルツ」が丸紅より資金調達、累計額40億円に、英国、新たな暗号資産規制で強固な基準を設定へ、サクラエクスチェンジビットコイン、暗号資産積立サービス提供終了、Intainがトークン化証券プラットフォーム、アバランチ(AVAX)サブネットで、ユニスワップv3、BNBチェーンへのブリッジに「Wormhole」採用、米空軍が「SIMBA Chain」へ約39億円の追加出資、サプライチェーン管理のため、アスリート特化のビジネス教育機関「Athletes Business United」、FiNANCiEでトークン発行、フットサル「エスポラーダ北海道」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored