バイナンス、スケーリングソリューション「zkBNB」のテストネットリリース

バイナンスがzkBNBのテストネットリリース

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、BNB・スマート・チェーン(BSC)向けのスケーリングソリューションである「zkBNB」のテストネットを9月2日にリリースした。

「zkBNB」は「ゼロ知識証明」を利用したスケーリングソリューションであり、サイドチェーントランザクションを1つのトランザクションにまとめ、「SNARK」と呼ばれる証明を生成することで処理速度を高める仕組みとなっている。

「zkBNB」の導入により、BSCは最大1億アドレスを管理できるようになり、5000~10000TPSという高いパフォーマンスを実現できるとのこと。ちなみに従来のBSCのパフォーマンスは50TPS程度となっている。

「zkBNB」には組み込み型のNFTマーケットプレイスやAPIサービスが用意されているため、web3サービスの開発者は簡単にマーケットプレイスを構築することができるとのこと。

またBSCと「zkBNB」の間でBNBおよびBEP20/BEP721/BEP1155の各トークンをシームレスかつ簡単に転送することができるという。さらにアドレスと可読性の高いユーザー名を紐づけるネーミングサービスも用意されているため、ゲームなどでユーザーエクスペリエンス(UX)の向上が見込めるとのこと。

なおzkBNBのコードはオープンソースとして公開されているため、web3開発者は「zkBNB」を特定のユースケース向けにカスタマイズして利用できるとのことだ。

バイナンスはBNBチェーンのロードマップにしたがって開発を進めてきており、今回の「zkBNB」はBNBチェーンのサイドチェーンフレームワークの構築を受けて開発されたものである。同社は今年の年末頃に「zkBNB」のメインネットをリリースする予定としている。

BNB・スマート・チェーンはイーサリアムの代替としてバイナンスが開発し、2020年9月より稼働しているブロックチェーンである。スマートコントラクト機能とイーサリアムバーチャルマシン(EVM)互換性を備える点が大きな特徴である。当初は「バイナンス・スマート・チェーン(BSC)」という名称だったが、今年2月にリブランディングが発表され、「BNB・スマート・チェーン(BSC)」となった。

関連ニュース

バイナンスが自社ステーブルコイン「BUSD」に注力か、USDCやUSDPなど取引非対応へ

バイナンスに流入するUSDCが増加する可能性も、サークルCEO

バイナンスがナイジェリアと提携、バーチャル経済特区の設立目指す

バイナンスが韓国釜山市と覚書締結、ブロックチェーン産業の発展促進で

バイナンスのブロックチェーン、BSCから「BNB Chain」に改名

参考:BNB Chain
デザイン:一本寿和
images:iStocks/royyimzy・dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored