バイナンス、機関投資家向けプラットフォーム「Binance institutional」ローンチ

バイナンスが「Binance institutional」ローンチ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、機関投資家向けサービス「バイナンス インスティテューショナル(Binance institutional)」をローンチしたことが6月23日分かった。

「Binance institutional」のユーザーは、OTC取引サービスや資産管理サービス、カストディサービス、ブローカープログラム及び流動性プログラムなどを利用できるとのことだ。

なお「Binance institutional」を利用できるユーザーは、企業や資産運用会社、ブローカー、ヘッジファンド、ファミリーオフィス、流動性プロバイダーなどが対象となっている。

ちなみにバイナンスは、5月末に同社の機関投資家向け暗号資産カストディ部門「Binance Custody」が、エスクローサービス「Binance Escrow」の提供も開始している。

関連ニュース

バイナンスカストディ、機関投資家向けにエスクローサービス提供

バイナンスとクリスティアーノロナウド提携、NFT展開へ

バイナンス、ブラジルレアルの入出金を一時停止

バイナンスUSに集団訴訟、UST・LUNA問題に関して

バイナンスラボ、DEX「パンケーキスワップ」に出資


参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/RAPEEPON-BOONSONGSUWAN・dalebor

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催