アクシー「Ronin Bridge」が再稼働、ユーザーへ被害額全額返済へ

「Ronin Bridge」が再稼働へ

ブロックチェーンゲーム「アクシーインフィニティ(Axie Infinity)」運営元のスカイメイビス(Sky Mavis)が、「ローニンブリッジ(Ronin Bridge)」を稼働再開することが分かった。再稼働にあたりローニンネットワークのハードフォークを行うため、全てのバリデーターはソフトウェア更新をする必要があるという。

ローニンネットワークは、「アクシーインフィニティ」の運営元であるスカイメイビス(Sky Mavis)が運営しているサイドチェーンだ。「ローニンブリッジ」はローニンネットワーク上で稼働する、ローニンネットワークとイーサリアムネットワーク間のブリッジ機能。

今年3月に「ローニンブリッジ」はハッキングを受け、当時価格5億9,700万ドル相当の173,600ETH(イーサ)と、同じく2,550万ドル相当の米ドルステーブルコインのUSDCが盗まれていた。

発表によると、今回ローニンネットワークをハードフォーク及び再稼働することにより、前述した被害額全てがユーザーに対し返還される予定とのことだ。

スカイメイビスは一連の被害により、ハッキングで被害に遭った全ユーザーへの払い戻しの為に1.5億ドル(約185億円)の資金調達を3月に行っていた。

この資金調達ラウンドは大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)の主導により、アニモカ・ブランズ(Animoca Brands)やアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)、ダイアレクティック(Dialectic)、パラダイム(Paradigm)、アクセル(Accel)が参加したことが分かっている。

そしてその後4月には、北朝鮮のハッカー集団「ラザルス」が保有している暗号資産ウォレットアドレスが、「アクシーインフィニティ」のハッキングに利用されたものであるとして、米国財務省外国資産管理局(OFAC)は制裁対象者リストにそのウォレットアドレスを追加している。

なお「ラザルス」は2018年に発生したコインチェックの暗号資産ネム:NEM(XEM:ゼム)流出事件にも関与が疑われているサイバー犯罪グループだ。

関連ニュース

人気BCゲーム「アクシーインフィニティ」、「Ronin Bridge」ハッキングで約750億円被害

アクシー運営Sky Mavisが約185億円資金調達、ハッキング被害への払戻のため

アクシー運営Sky Mavisがバグバウンティプログラム、ハッキング被害受け

アクシー資金流出に北朝鮮ハッカー集団関与か、米財務相が特定


参考:ローニン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/royyimzy・dalebor

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored