アクシー運営Sky Mavisが約185億円資金調達、ハッキング被害への払戻のため

Axie Infinityの親会社Sky Mavisが約185億円の資金調達発表

ブロックチェーンゲーム「アクシーインフィニティ(Axie Infinity)」の親会社であるスカイメイビス(Sky Mavis)が、1.5億ドル(約185億円)の資金調達をしたことが4月6日分かった。今回の資金調達は先月のハッキング被害を受けた動きとなる。

アクシーインフィニティのサイドチェーンであるローニンネットワーク(Ronin Network)は先月3月29日に約750億円規模のハッキング被害を発表していた。ローニンネットワークへのブリッジ機能を提供する「Ronin Bridge」がハッキングを受けたことにより、5億9,700万ドル相当となる173,600ETHと、2,550万ドル相当の米ドルステーブルコインUSDCが流出した。

今回調達した資金は、スカイメイビスとアクシーインフィニティのバランスシートと合わせて、先月のハッキングで被害に遭った全ユーザーへの払い戻しに利用されるとのことだ。

またこの資金調達ラウンドは暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンス(Binance)が主導し、アニモカ・ブランズ(Animoca Brands)やアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)、ダイアレクティック(Dialectic)、パラダイム(Paradigm)、アクセル(Accel)が参加したとのことだ。

先月の公式発表にてスカイメイビスは「スカイメイビスのRoninチェーンは現在9つのバリデーターノードで構成されおり、入金イベントや出金イベントを認識するためには、9つのバリデータのうち5つの署名が必要な状態だった」と説明していた。今回スカイメイビスは、今後3か月以内にバリデーターノードを21に増やすと発表しており、パートナーやコミュニティメンバー、長期的な協力者など様々なステークホルダーにノードを分担していく予定と述べている。

関連ニュース

人気BCゲーム「アクシーインフィニティ」、「Ronin Bridge」ハッキングで約750億円被害

Web3インフラ開発のAlchemy、約200億円調達

Axie Infinity、低迷打破のためインセンティブモデルを大幅に変更

メタ、フェイスブックやインスタなどアプリ内で暗号資産(トークン)発行か

【取材】バイナンスがSTEPNに投資、年内にソーシャル機能実装も

参考:substac
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ChrisGorgio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。