Axie Infinity、低迷打破のためインセンティブモデルを大幅に変更

Axie Infinity、低迷打破のためインセンティブモデルを大幅に変更

遊んで稼げる「プレイ・トゥー・アーン(Play To Earn:P2E)」ゲームの先駆者アクシーインフィニティ(Axie Infinity)が、大幅にインセンティブモデルを変更することを2月4日に発表した。次のシーズンであるシーズン20から、新たなインセンティブモデルを取り入れるとのことだ。

背景にはトークンやNFT価格の低迷があるようだ。 昨年アクシーインフィニティ内のNFT取引高は、一時約4,600億円(40億ドル)に達していた。しかしここ数ヶ月、アクシーインフィニティのトークンやNFT価格は急落している。

そして「アクシーインフィニティは、現在は危機的な状況である」と公式発表が説明している。 アクシーインフィニティが低迷した要因の1つとして、アクシーインフィニティのネイティブトークンである「スムーズ・ラブ・ポーション(Smooth Love Potion:SLP)」のインフレが挙げられている。

「SLPのインフレ率は非常に高く、1日あたりSLPが消費される量の約4倍のSLPが供給される状況になっている」と公式は説明している。 そしてアクシーインフィニティはインフレの状況を打破すべく、SLPの供給量を減らすことを決めたようだ。具体的な方針として、アクシーインフィニティのアドベンチャーモードで毎日獲得できる50SLPのシステムを廃止するという。

このシステムを廃止することで、1日あたり約1億3千万SLPが削除されることになるようだ。またアクシーインフィニティを毎日プレイしてもらうためのシステムであるデイリークエストも廃止するという。デイリークエストを廃止することで、1日あたり約4500万SLPを削減できるという。

またプレイヤー同士の対戦モードである「PVPモード」のSLPインフレにも対応するとのことだ。具体的にはSLPによる報酬額は減少させ、もう1つのネイティブトークンである「Axie Infinity(AXS)」による報酬額を増加させていくとのことだ。

今回のインセンティブモデルの変更はとても重要なものであるという。

「今回のインセンティブモデルの変更により、私たちはアクシーインフィニティの道筋を正し、アクシーインフィニティのエコノミクスを正しい方向へ動かし始めることができると考えています。今年度は、新たなトークンバーンのメカニズムを実現することが重要であることを認識しています。これらのトークン発行削減は、エコノミクスエンジンをフルに機能させるのに十分ではありませんが、完全に機能する持続可能なエコノミクスに向けて構築するために必要なステップです」と公式は説明している。

参考:Axie Infinity
images:iStocks/Ninja-Studio
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored