広瀬すず写真集未公開カットがNFTに、メディアドゥ「FanTop」で500名限定販売

広瀬すずの「デジタル・ブロマイド」NFTが販売へ

電子書籍取次などを手がけるメディアドゥ開発のNFTマーケットプレイス「FanTop(ファントップ)」にて、女優の広瀬すずの限定NFTが販売されることが2月7日分かった。メディアドゥと講談社の共同販売となる。

発表によるとこのNFTは、広瀬すずの10周年記念写真集『レジャー・トレジャー』の発売を記念して販売されるという。写真集の未公開カットから5点を選定してNFT化を行い、「デジタル・ブロマイド」として抽選で500名限定で販売するとのことだ。

抽選に参加するには、2月18日より販売される『レジャー・トレジャー』実物を購入し、初回発売本のみに封入されている「デジタル・ブロマイド購入抽選券 取得用ギフトコード」を手に入れる必要がある。なお初回盤の目印は、表紙にある「初回特典 抽選締切 ‘22.5.31」の白いシールだ。

応募にはギフトコード記載の応募方法に従い、「FanTop」で「購入抽選券」NFTを取得する。これにより応募が完了となるようだ。そして「購入抽選券」NFT保有者の中から抽選を行い、メールで当選者500名に連絡がいくという。

応募は5月31日23:59まで。抽選結果通知は6月以降となるとのこと。価格は1枚2,200円(税込)で当選者1名あたり5種類各1枚ずつ、計5枚まで購入が可能とのことだ。なお『レジャー・トレジャー』の本体価格は3,850円(税込)となる。

NFTマーケットプレイス「FanTop」とは

「FanTop」は、暗号資産(仮想通貨)ではなくクレジットカード利用による日本円決済に対応したNFTマーケットプレイスだ。NFTの保有者情報の管理には、ダッパー・ラボ(Dapper Labs)が開発するパブリックブロックチェーン「フロー(Flow)」が採用されている。「Flow」はダッパーラボが提供する人気NFTゲーム「NBA Top Shot」でも利用されているブロックチェーンだ。

メディアドゥは「FanTop」について、「投機的取引で活発にアイテムの価格が高騰することを目的とせず、愛する作品のNFTを誰もが気軽に入手できる環境を目指す」と方針を示している。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

北斗の拳NFTが即日完売、メディアドゥ「FanTop」公開。ブロックチェーンは「Flow」、電通も参画

【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ

参考:メディアドゥ

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/17話題】イーサリアム「Shapella」のメインネット実装日、フィナンシェがHORIE MOBILEと事業連携など(音声ニュース)

イーサリアム次期大型アップグレード「Shapella」、メインネット実装日が4月12日に合意、Oasys(OAS)のNFTプロジェクト「OASYX」、「バーチャファイター」シリーズ3作とコラボ決定、ビットフライヤーにパレットトークン(PLT)上場へ、国内5例目、オーケーコインジャパンにポリゴン(MATIC)上場へ、ERC20とネイティブトークンで、ユニスワップV3がBNBチェーンで稼働開始、アバランチ展開も可決へ、FDICがSV銀行とシグネチャー銀行の入札日を設定、買い手には暗号資産事業の破棄要求か=報道、インド中銀とUAE中銀がCBDC実験へ、2国間ブリッジなど実施へ、スタークネット、初のガバナンス投票を実施へ、モノバンドル、ブロックチェーン技術者向けプラットフォーム「Blockchain Hacklab」提供開始、レコチョク、「レコチョクNFTチケット」提供へ、フィナンシェトークン(FNCT)、ステーキングを4月3日から提供開始、フィナンシェが堀江貴文の「HORIE MOBILE」と事業連携、「FiNANCiE」でトークン発行も、東南アジア初のプロ野球リーグ設立手掛ける「カルピース」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored