【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ

メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ

電子書籍取次事業やNFTマーケットプレイス運営を手がけるメディアドゥが、ソーシャル映像視聴アプリ「GREET(グリート)」を12月13日より提供開始することを発表した。「GREET」は、ミュージックビデオ、ライブ映像、ショートフィルム、ライフスタイル番組などあらゆるジャンルの公式映像を、オンライン上映会で誰とでも一緒に鑑賞ができる映像視聴アプリだ。

また上映会などの記念品をNFTアイテムとして配布する「Memorable Fan Item」機能もこのアプリに実装されているとのこと。この機能で取り扱われるNFTは、同社のFlowブロックチェーンを活用したNFTマーケットプレイス「FanTop」と連携し提供されるようだ。

メディアドゥはサービス開始記念無料キャンペーンとして、ロックバンド「ミオヤマザキ」による「GREET」初の上映会となる『GREET × ミオヤマザキコラボ楽曲 ⼤解説スペシャル!上映会』を12月21日に予定しており、そこでNFTの配布が実施されるようだ。

また「GREET」はユーザー向けにマネタイズ機能も提供するとのこと。コンテンツ制作者はユーザーからコンテンツ利用料を得たり、上映会イベントを主催しチケットやグッズなどの販売収益を得たりすることができるようだ。メディアドゥは「権利者にとってGREETは、サブスクリプションモデルや広告収入モデルと競合することのない、さらなる収益源につながります」と説明している。

あたらしい経済編集部は株式会社メディアドゥのIPマーケティング企画室ファンマーケティングチームのGREETユニットプロダクトマネージャー佐々木章子氏へ取材を行った。

−なぜ記念品のNFTアイテムを配布しようと考えたのでしょうか?

リアルの場でコンサートに行った際のチケットの半券など、手元に残るリアルなアイテムは、それぞれの思い出に残る大切な「参加の証」です。昨今はオンライン配信のコンサートも増えてきましたが、ファンの方の思い出となる参加の証が残りにくい現状があります。そこでGREETでは、リアルとデジタルの融合で、オンラインの上映会でも、記憶だけでなく記録にも残るNFTのデジタルアイテムをお渡ししたいと考えました。

−アーティストなどのファンコミュニティにおいて、NFTはどのような役割をすると考えていますか?

従来は資産性が無かったデジタルデータに「誰が入手したか」、「誰から誰の手に渡ったか」などの保有者情報を紐づけることが可能となります。ファンコミュニティにおいては、ファン同士の自慢、思い出の共有、譲渡・売買などを最大限に楽しめる新しいファングッズになり得ます。アーティストらの観点でも、誰がどのNFTアイテムを持っているかなどが可視化されるため、マーケティングに大きな好影響をもたらすと考えます。

また編集部は、同社IPマーケティング企画室 ファンマーケティングチームのNFTユニット プロダクトマネージャーの德地佑悟氏に「GREET」と連携する「FanTop」のブロックチェーン技術に関して取材をした。

−ブロックチェーン「Flow」で流通するNFTの開発と配布は、どのような特徴がありますか?

まだ、国内で採用事例がなく、開発開始した今年の3月の時点では 海外の情報をキャッチアップしながら開発を進めていかなければならない点が大変でしたが、現在では採用例も増えてきました。

Flowを活用することで、パブリックチェーンでありながら 一回のNFT譲渡にかかるガス代は0.1円未満とかなり低く抑えることができます。 そのため、今回は書店で1万部を超えるような書籍につけるNFT特典も、 全てNFTをパブリックチェーン上に書き出すことが可能となりました。

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【取材】zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored