カカオのクレイトン、OpenSeaと提携

クレイトンがOpenSeaと提携

クレイトン財団(Klaytn Foundation)が、アジアにおけるNFTエコシステム拡大に向け、NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)とパートナーシップ締結したことが6月23日分かった。ニューヨークで開催されたNFTカンファレンス「NFT.NYC」で発表された。

この提携により、今後共同でのNFTカンファレンスの開催や、エコシステムを拡大するための開発への支援を行なっていくとのことだ。エコシステム助成金などに関する具体的な内容は後日公開されるとのこと。なおレイトンは昨年3月から、オープンシー対応のブロックチェーンになっていた。

クレイトンは、カカオ(Kakao)のブロックチェーン関連会社グラウンド・エックス(GroundX)が開発したパブリックブロックチェーンプラットフォーム。イーサリアムにスマートコントラクト開発言語Solidity(ソリディティ)のコントラクトをサポートしている為、ソリディティで書かれたコードを変更することなく、ERC721もERC20のコードもそのままクレイトンに移行出来る。

またクレイトンは、シンガポールのアルタバグループ(Altava Group)、タイのイーストNFT(East NFT)、日本のソラミツ(Soramitsu)、中国のBSN(Blockchain-based Service Network)など、アジア各国のプロジェクトと協働している。

関連ニュース

OpenSeaが韓国カカオトークのクレイトン(Kraytn)発行のNFTをサポートへ

カカオトークのクレイトン、韓国大手の新韓銀行が参加

韓国カカオトークのクレイトン、NFT発行サービス開始

韓国カカオトークのクレイトンがコンセンシスと提携、韓国中銀デジタル通貨を推進

OpenSeaがアップデート、基盤プロトコルを「Seaport」に移行へ


参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資