韓国カカオトークのクレイトン、NFT発行サービス開始

韓国カカオトークのクレイトン、NFT発行サービス開始

韓国のブロックチェーンプロジェクトであるクレイトン(Klaytn)を開発するグラウンド・エックス(GroundX)が、Krafter Space(クラファースペース)と呼ばれるNFT発行(ミンティング)サービスの開始を5月24日に発表した。

グラウンド・エックス(GroundX)は韓国のインターネットサービス会社であるカカオ(Kakao)の子会社によって設立されたブロックチェーン開発企業である。

今回発表されたKrafter Spaceを利用することで、誰でも簡単にNFT作品の作成と管理ができるようになる。ユーザーは画像またはビデオファイルをアップロードするだけで、そのファイルが無料でNFTに転換できる。

また発表によると発行したNFT作品は、ユーザー自身のクレイトン専用のデジタルウォレットKaikas(カイカス)に保存することや、他のユーザーが発行したNFTと一緒にKrafter Spaceのメインページに展示することもでき、さらにクレイトンと連携しているNFTマーケットプレイスのOpen Seaで販売することも可能だ。

クレイトンのツイッターによると、5月25日午後4時の時点でKrafter Spaceを利用し作成したNFTは20,554件になるとのことだ。

関連ニュース

OpenSeaが韓国カカオトークのクレイトン(Kraytn)発行のNFTをサポートへ

参考:Klayth
デザイン:一本寿和
images:iStock/arbobii

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【4/23話題】上場企業メタプラネットが10億円でビットコイン購入、日銀がCBDCパイロット実験の進捗報告など

東証スタンダード上場のメタプラネット、10億円相当のビットコイン購入を報告、日銀、「中銀デジタル通貨パイロット実験」の進捗状況を報告、Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始、コインベースにweb3ゲームの「Karrat(KARRAT)」上場へ、暗号資産決済「スラッシュ」の独自トークン「SVL」、海外取引所Bybitに上場へ、セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択、「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ、タイSEC、無認可の暗号資産取引所へのアクセスブロックを計画、不正行為防止へ、シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達