SCAM退散!書道家 武田双雲氏、NFT作品をオークションにて販売へ

書道家 武田双雲氏、NFT作品をオークションにて販売へ

書道家である武田双雲氏が、自身初となるNFT作品をオークションにて販売することが5月26日明らかになった。

なお武田氏はNFT×書のプロジェクト「Crypto双雲」の第一弾としてNFT作品を販売する。ブロックチェーン技術を用いたNFTゲーム及びNFT販売・開発を行うdoublejump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ)株式会社が同プロジェクトのサポートを行うようだ。

プロジェクト第一弾として販売されるのは「SCAM退散」「GOX平癒」の各1点で、武田氏がブロックチェーン、暗号資産等にリテラシーの高い人々におくる言葉を「書」で表現したものだ。

両作品はNFTマーケットプレイスのOpenSea(オープンシー)にてイングリッシュオークション形式(競り上げ式)での販売が予定されている。このオークションは日本時間で6月2日15:00~6月4日23:00の期間にて行われるとのことだ。

関連ニュース

doublejump. tokyoがNFT事業支援サービス「NFTPLUS」発表 

images:
iStock/champc

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored