SCAM退散!書道家 武田双雲氏、NFT作品をオークションにて販売へ

書道家 武田双雲氏、NFT作品をオークションにて販売へ

書道家である武田双雲氏が、自身初となるNFT作品をオークションにて販売することが5月26日明らかになった。

なお武田氏はNFT×書のプロジェクト「Crypto双雲」の第一弾としてNFT作品を販売する。ブロックチェーン技術を用いたNFTゲーム及びNFT販売・開発を行うdoublejump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ)株式会社が同プロジェクトのサポートを行うようだ。

プロジェクト第一弾として販売されるのは「SCAM退散」「GOX平癒」の各1点で、武田氏がブロックチェーン、暗号資産等にリテラシーの高い人々におくる言葉を「書」で表現したものだ。

両作品はNFTマーケットプレイスのOpenSea(オープンシー)にてイングリッシュオークション形式(競り上げ式)での販売が予定されている。このオークションは日本時間で6月2日15:00~6月4日23:00の期間にて行われるとのことだ。

関連ニュース

doublejump. tokyoがNFT事業支援サービス「NFTPLUS」発表 

images:
iStock/champc

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携