doublejump. tokyoがNFT事業支援サービス「NFTPLUS」発表

doublejump.tokyoがNFT事業支援サービス「NFTPLUS」発表

ブロックチェーン技術を用いたコンテンツ開発を行うdoublejump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ)株式会社がNFT事業支援サービス「NFTPLUS」を開始することを4月9日発表した。

NFT事業支援サービス「NFTPLUS」では、NFTプロデュース事業とNFT発行販売サポート事業を主に行うとのこと。

NFTプロデュース事業では、コンテンツホルダーの実現したいニーズにあわせ、NFT発行・販売の戦略策定、コンセプト設計、UI/UXデザイン、開発やさらには採用するブロックチェーン選定やNFT特有の法務、税務までをワンストップで提供する。

またNFT発行販売サポート事業では、NFTプロデュースを実施する上で必要な、NFT発行・販売の要素をフレームワークとして活用し、顧客ニーズに合わせた最適なソリューションを提供し、また二次流通収益分配処理や上場企業の会計処理に対応できる売上集計や、独自コントラクトの発行も支援するとのことだ。

今後の展望としてdoublejump.tokyoは、IPコンテンツホルダーを中心にNFT事業の立ち上げ支援や既存事業とNFTの連携検討、NFTを活用したDX支援など推進していくとのことだ。

関連記事:特集「NFT大解剖」

特集「NFT大解剖」

(images:iStock/)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと