WWEがプロレスラー「ジ・アンダーテイカー」のNFTを販売

WWEがプロレスラー「ジ・アンダーテイカー」のNFTを販売

米国のプロレス団体及び興行会社であるWWE(World Wrestling Entertainment, Inc.)がプロレスラー「ジ・アンダーテイカー」のNFTを販売することを4月8日発表した。

このNFTは暗号資産ウォレットプロバイダーのBitskiのウェブサイトにて4月10日10:30(米国東部時間)にドロップされ、4月11日11:30(米国東部時間)まで販売が行われるとのことだ。

アンダーテイカーのNFTにはプラチナ、ゴールド、シルバー、ブロンズの4種があり、プラチナとゴールドはオークション形式での販売、シルバーとブロンズは固定価格にて販売が行われる。

ゴールドとプラチナの落札者には、NFTの他に試合観戦チケットや購入者へ向けたアンダーテイカーからのビデオメッセージ、チャンピオンベルトの進呈がされるなどの特典があるとのことだ。

関連記事:特集「NFT大解剖」

特集「NFT大解剖」

参考:WWE

(images:iStock/lewkmiller)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ