クラーケンが22年に直接上場を検討、ジェシー・パウエルCEOが言及

クラーケンが22年に直接上場を検討、ジェシー・パウエルCEOが言及

米サンフランシスコ州に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が2022年に株式上場の検討をしていることが明らかになった。このことは米ニュースメディアCNBCがクラーケンのCEOであるジェシー・パウエル(Jesse Powell)氏にインタビューを行い4月8日に報じた内容だ。

報道によるとパウエル氏はCNBCに対し、4月14日に上場が決まっている暗号資産取引所コインベース(Coinbase)と同じ上場手法である、新規株式を発行せずに上場するダイレクト・リスティング(直接上場)を検討していることや、上場の検討に至ったのがビットコインなどの暗号資産の高騰により取引量とユーザーが増加したことが要因であることを明かしている。

パウエル氏は「第1四半期は去年の全てを完全に吹き飛ばしてしまいました。2月末には昨年の数字を上回りました。市場全体が本当に爆発したのです」と述べたとのこと。CNBCによるとクラーケンは、今年の第1四半期には2020年の下半期に比べて4倍の新規ユーザーがプラットフォームに登録しており、第1四半期のスポット取引量は昨年全体の1.5倍となり、取引額は1,600億ドルに達したとのこと。

その他インタビューでパウエル氏は、NFTが台頭してきたことがイーサリアムなどのアルトコインへの熱狂的な関心につながったとし、またGAS代高騰によりFlowやfilecoinなどにも注目が集まっていると述べたとのことだ。

参考:CNBC

(images:iStock/Rawpixel

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored