カカオトークのクレイトン、韓国大手の新韓銀行が参加

カカオトークのクレイトン、韓国大手の新韓銀行が参加

韓国インターネット大手Kakao(カカオ)のブロックチェーンプロジェクトであるKraytn(クレイトン)のガバナンス評議会に、韓国の大手銀行である新韓銀行(シンハン銀行)が参加したことが6月28日明らかになった。

新韓銀行が評議会メンバーとなることでノードの運用に参加するとともに、クレイトンのブロックチェーンベースのサービスを開発していくとのことだ。

なおクレイトンの評議会メンバーには現在31社が参加しており、LG Electronics、UnionBank、SKTelecomや大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス、日本からはgumi、coconeが参加している。

新韓銀行の担当者はリリースにて「様々な業界の主要なグローバル企業が参加するクレイトンガバナンス評議会に参加できることを嬉しく思います。私たちは、エコシステムを構築するだけでなく、ブロックチェーンをベースにしたデジタルに変換された金融サービスを導入することを目指しています」とコメントしている。

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio・Rawpixel

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している