『攻殻機動隊』や『FAIRY TAIL』をweb3で世界展開へ、講談社とアニモカら

『攻殻機動隊』と『FAIRY TAIL』がweb3でグローバル展開へ

日本の人気コンテンツ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』と『FAIRY TAIL』のIP(知的財産)が、web3の技術を用いて世界展開されることが6月22日発表された。

同作品を刊行する講談社、NFTなどデジタルコレクティブを販売するMADWORLDおよびUCOLLEX、そしてAnimoca Brands Japan(アニモカブランズジャパン)の4社がこの取り組みに合意したとのこと。

なおこの取り組みの一環として、6月20~23日に米ニューヨークで開催されている「NFT.NYC」にて同作品の出展を行うとのことだ。これについて「あたらしい経済」編集部がアニモカブランズジャパンへ確認を取ったところ、「取り組みに関する出展をおこなっているだけで、NFT作品の展示がされているわけでない」とのことだった。

アニモカブランズジャパンは、香港拠点のNFTゲーム開発企業アニモカ・ブランズ(Amimoca Brands)の日本子会社だ。

アニモカブランズは企業評価額が約5,700億円のユニコーン企業であり、世界各国で150以上のブロックチェーンゲーム・メタバース・DeFi(分散型金融)・暗号資産ウォレットなど様々な分野への投資を行ない、独自のweb3.0エコシステムを構築している。

アニモカブランズジャパンは大手出版社、ブランド、教育、スポーツ競技団体、アスリート、アーティスト、ゲーム会社といった、日本の知財やコンテンツ(IP)ホルダーが世界に直接コミュニティを作り、国際市場への進出支援を目的に、昨年10月に設立されていたことが今年2月に発表されていた。

先月5月には、アニモカブランズジャパンがIGポートのグループ企業プロダクション・アイジー(Production I.G )およびウィットスタジオよりライセンス許諾をうけ、同社らが制作するアニメーション作品のNFT活用をグローバル展開することが分かっている。

なおこのグローバル展開第1弾として、ウィットスタジオ制作のアニメーション『バブル』『ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン』『GREAT PRETENDER』の3作品が、NFTキャンペーンを6月より順次行うと発表されていた。

関連ニュース

アニモカブランズジャパン、『バブル』『ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン』『GREAT PRETENDER』をNFT化し世界展開へ

三菱UFJ銀行がNFT事業参入へ、アニモカブランズと協業=報道

アニモカブランズと韓国芸プロCUBE、合弁会社「AniCube」設立

アニモカブランズが日本進出、新子会社がシードラウンドで11億円調達

アニモカブランズ、タツノコプロ「黄金戦士ゴールドライタン」のNFTグローバルライセンス取得


参考:アニモカブランズジャパン
images:iStocks/shironosov

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】メタプラネットが10億円分のビットコイン追加購入へ、リップル社に対する民事訴訟の一部が棄却など

メタプラネット、10億円分のビットコイン追加購入を予告、トルコ暗号資産取引所「BtcTurk」のハッキング被害、バイナンス捜査協力で盗難資産を一部凍結、カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ、イーサリアムL2「ブラスト」のトークンエアドロ、1週間後に迫る、スイ(SUI)のMysten Labs、分散型ストレージおよびDAプロトコル「Walrus」公開、web3ゲーム特化「ローニンネットワーク」、ポリゴンCDK活用のzkEVMチェーン構築可能に

Sponsored

カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ

米リップル(Ripple)社への民事訴訟において、米カリフォルニア州の連邦判事は、リップル社が連邦証券法に違反したとの申し立てを棄却したが、リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏に対する民事証券訴訟は裁判に進むこととなった

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored