フィデリティ、イーサリアム(ETH)のインデックスファンド提供開始

フィデリティがETHのインデックスファンド開始

米大手金融機関フィデリティ(Fidelity)が、イーサリアム(ETH)のインデックスファンドを提供開始したことがSEC(米国証券取引委員会)に提出された書類によって明らかになった。

SECの書類によると、そのインデックスファンドの名称は「フィデリティ・イーサリアム・インデックス・ファンド(Fidelity Ethereum Index Fund, LP)」。最低投資額は50,000ドルとなっており、9月26日に開始し、すでに500万ドル(約7.2億円)もの売上高があげられていることが確認できる。

フィデリティは2018年に暗号資産(仮想通貨)を専門とした機関投資家向けのカストディ(保管)および取引プラットフォーム「フィデリティデジタルアセット(Fidelity Digital Assets)」を立ち上げている。そして2020年にはビットコイン(BTC)のインデックスファンド「ワイス・オリジン・ビットコイン・インデックス・ファンドI(Wise Origin Bitcoin Index Fund I)」を立ち上げていた。

今回の「フィデリティ・イーサリアム・インデックス・ファンド」は、BTCインデックスファンドと同じく認定投資家のみが利用できるインデックスファンドとなっており、「フィデリティデジタルアセット」の暗号資産管理事業によって立ち上げられたインデックスファンドとしては2つ目となる。

関連ニュース

マスターカード、暗号資産取引の安全性を高める「Crypto Secure」ローンチ

米SECがキム・カーダシアン提訴、暗号資産の違法宣伝で

共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に

DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に

野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ

参考:SEC
デザイン:一本寿和
images:iStocks/FinkAvenue

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored