米SECがキム・カーダシアン提訴、暗号資産の違法宣伝で

米SECがキム・カーダシアン氏を提訴

米SEC(証券取引委員会)が、モデルや実業家、リアリティー番組への出演などの活動で知られるキム・カーダシアン(Kim Kardashian)氏を提訴したことを10月3日発表した。

SECによると、カーダシアン氏は報酬を受け取っていたことを公表せずに暗号資産(仮想通貨)イーサリアムマックス(EMAX)をSNS上で宣伝していたという。この行為が証券法違反にあたると指摘されている。

なおSECの執行部門のディレクターであるグルビル・グレワル(Gurbir S. Grewal)氏は「米連邦証券法では、暗号資産証券を宣伝する有名人及び個人は、報酬金額や出所、性質などを公表しなくてはならないと明確に定めている」と述べている。

カーダシアン氏は自身のインスタグラムにてEMAXのウェブサイトへのリンクを含め投稿していた。この行為により、同氏が潜在的な投資家に対しEMAXを購入するための知識を提供したとSECは判断したようだ。またこの投稿の報酬として、同氏は25万ドル(約3,600万円)を受け取っていたという。

このようなSECの指摘について、カーダシアン氏は認めることも否認することもせず、罰金の他、不正に得た利益、判決前の利息を合わせて126万ドル(約1.8億円)の支払いに同意したとのこと。また暗号資産証券を3年間は宣伝しないことにも同意したとのことだ。

今回の件についてSECのゲーリー・ゲンスラー(Gary Gensler)委員長は「有名人やインフルエンサーが暗号資産証券を含む投資機会を支持しても、それらの投資商品がすべての投資家に適しているとは限らない。投資家には自身の目的に照らし、潜在的なリスクと機会を検討することを我々はお勧めしたい」とコメントしている。

カーダシアン氏とEMAXをめぐる問題は、同氏が昨年6月に当時2億2,800万人ものフォロワーを抱える自身のインスタグラムでEMAXの宣伝を行ったことから始まった。その後EMAXの価値は24時間で3分の1まで暴落していた。

またそれと同時期には、元プロボクサーのフロイド・メイウェザー(Floyd Mayweather)氏や元プロバスケットボール選手のポール・ピアース(Paul Pierce)氏もEMAXの宣伝を行っていたことが報じられている。

そしてカーダシアン氏、メイウェザー氏、ピアース氏らを含めたEMAXのプロモーターらは今年1月に、この宣伝行為に関して、投資家らから集団訴訟を受けていた。

関連ニュース

米SEC、暗号資産関連の事業所設置へ=報道

米SEC、390億円規模の暗号資産ネズミ講詐欺で「Forsage」関係者ら起訴

米SECがコインベースを調査か、証券として登録すべき暗号資産取扱の有無を

米国プライベートファンドの運用報告制度に暗号資産項目追加の提案、SECとCFTC

ウィルスミスやパリスヒルトンら支援のVC、ボバネットワーク(BOBA)に投資

参考:米SEC
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ablokhin

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored