米SEC、390億円規模の暗号資産ネズミ講詐欺で「Forsage」関係者ら起訴

米SEC、390億円規模の暗号資産ネズミ講詐欺で関係者ら起訴

SEC(米証券取引委員会)が約3億ドル規模のネズミ講詐欺の疑いで、投資プロジェクト「フォーセージ(Forsage)」に関連する11人を起訴したことを8月1日に発表した。

起訴されたのは、ロシア、グルジア共和国、インドネシアに居住していたことが確認されているフォーセージの創設者4人と、ウェブサイトやソーシャルメディア・プラットフォームでフォーセージのプロモーションのために雇った米国在住のプロモーター3人、および少なくとも5つの州で米国で活動していたこのスキームの最大の宣伝グループであるクリプトクルセイダーズ(Crypto Crusaders)のメンバー数名だという。

フォーセージの詐欺内容

SECの訴状によれば、ウラジミール・オコトニコフ(Vladimir Okhotnikov)氏、ローラ・フェラーリ(Lola Ferrari)氏、ミハイル・セルゲイ(Mikhail Sergeev)、セルゲイ・マスラコフ(Sergey Maslakov)氏が「Forsage.io」というウェブサイトを立ち上げたのが2020年1月とのこと。

そしてフォーセージが、個人投資家がイーサリアム(Ethereum)、トロン(Tron)、バイナンス(Binance)のスマートコントラクトを介して取引を行えるプロジェクトだと謳っていたとのこと。投資家は他の人をこのスキームに勧誘することで報酬を得られる仕組みだった。

しかしフォーセージは2年以上にわたり、典型的なねずみ講詐欺の構造で、新しい投資家からの資産を早い段階で投資した投資家への支払いに使用したとされている。

なお2020年9月にフィリピン証券取引委員会、2021年3月にモンタナ州証券保険委員会は、フォーセージに対して詐欺行為として営業停止処分を言い渡したにもかかわらず、被告らは複数のYouTube動画などで当局の主張を否定し、プロジェクトの宣伝を続けたとのことだ。

司法関係者の見解

SECの暗号資産(Crypto Assets)とサイバーユニット(Cyber Unit)のチーフ代理であるカロリン・ウェルシャンズ(Caroline Welshhans)氏は次のようにコメントしている。 「訴状の主張のように、フォーセージは投資家に積極的に販売された大規模な詐欺的マルチ商法です。詐欺師がスマートコントラクトやブロックチェーンにスキームを謳っていても、連邦証券法を回避することはできません」 

なお被告人のうち2名は容疑を認めることも否定することもなく和解し、今後、起訴された条項の違反やその他の特定の行為を永久に禁止されることに同意したとのことだ。

参考:SEC
images:iStocks/ArtemisDiana
デザイン:設楽悠介

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored