バイナンス、DEXの「Biswap(BSW)」上場

バイナンスにBSW上場

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)で、暗号資産バイスワップ:Biswap(BSW)が上場したことが3月21日分かった。

発表によるとBSWは「Binance.com」で提供されているボラティリティの高いトークンの取引に特化したプラットフォーム「イノベーションゾーン」でサポートされる。

取引は3月21日13:30(UTC:世界協定時)から開始しており、取引ペアはBSW / BNB、BSW / BUSD、BSW / USDTとなっている。なお出金については3月22日13:30より開始されるという。

BiswapはBNBチェーン(BNB Chain)上に構築された自動マーケットメーカー(AMM)の分散型取引所(DEX)だ。Biswapの収益の一部は、ガバナンストークンであるBSWの買い戻しに利用され、バーン(焼却)する為に使用される予定とのこと。

現在BSWはゲート(Gate.io)やエムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所の他、パンケーキスワップ V2(PancakeSwap V2)などの分散型取引所で取り扱われている。なお時価総額は約207億円となっている(3/22 コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

バイナンス、ドバイで暗号資産取引所のライセンス取得

バイナンス、ブラジルの証券会社買収に向け覚書締結

バイナンス、バーレーンで暗号資産サービスプロバイダーのライセンス取得

バイナンス、「Kadena(KDA)」上場

バイナンス、ロシアで発行されたMastercardとVisaの利用停止に

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も