米コインベース、アバランチネイティブの「USDC」サポート

米コインベース、アバランチのUSDCサポート

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、アバランチネイティブのUSDCのサポート開始を12月13日に発表した。

USDCはサークル(Circle)によって発行されている米ドルペッグのステーブルコインであり、ステーブルコインではテザー(USDT)に次ぎ、世界で2番目に多く流通している。もともとはイーサリアムベースに開発されたものであったが、現在ではソラナやアバランチ、トロンをはじめ様々なブロックチェーンで発行されており、時価総額は現在およそ9兆円となっている。

今回コインベースでサポートが発表されたのは、L1ブロックチェーンのアバランチ(Avalanche)上で提供されているUSDCである。これにより特定の地域を除くユーザーはコインベースが提供するすべてのサービスでアバランチネイティブのUSDCを簡単に売買できるようになった。

コインベースユーザーはブリッジプロトコルなどのサービスを利用することなく、直接現金やクレジットカードからアバランチ上で利用するためのUSDCを購入できるようになった。またこのことは同様にUSDCを直接現金に戻すこともできるようになったいうことだ。

なおアバランチには現在、アバランチブリッジ(AB:Avalanche Bridge)が発行するUSDCのペッグ通貨であるUSDC.eが存在しているが、今回サポートされるのはサークルがアバランチで直接発行するネイティブなUSDCのみだ。

コインベースは12月8日、USDTからUSDCへの交換手数料を無料にする発表をしており、これに関して「信頼性と評判の高いステーブルコインであるUSDCをより摩擦なく切り替えられるようにする」と述べていた。  

関連ニュース

コインベースジャパンにポリゴン(MATIC)上場、ERC20で

米コインベースに「TreasureDAO(MAGIC)」、「Aragon(ANT)」、「Rocket Pool(RPL)」上場

米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に

米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場

参考:コインベース
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored