コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場

コインベースジャパンにXTZ上場

国内暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースジャパン(Coinbase Japan)が、暗号資産テゾス(XTZ)取り扱い開始を12月6日発表した。

なお国内交換業者においてXTZを取り扱うのは9社目となる。

XTZは、iOSおよびAndroidのコインベースアプリとブラウザ版「coinbase.com」にて、取引が可能になっているとのことだ。なおコインベースジャパンはこれらのサービスで現在販売所機能のみを提供しているため、板取引(取引所)ではなく販売所での取り扱いとなる。

コインベースジャパンでは今回のXTZ上場により、全17銘柄の暗号資産を取り扱うことになった。

現在同取引所ではXTZの他、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ポルカドット(DOT)、ステラルーメン(XLM)、チェーンリンク(LINK)、エンジンコイン(ENJ)、オーエムジー(OMG)、イーサリアムクラシック(ETC)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、メイカー(MKR)、ザ・サンドボックス(SAND)、ソラナ(SOL)、アバランチ(AVAX)、カルダノ(ADA)が取り扱われている。

関連ニュース

コインベースジャパンにカルダノ(ADA)上場

コイントレード、テゾス(XTZ)のステーキング提供開始

マンチェスターユナイテッドが初のNFTデジタルコレクション発表、テゾス(XTZ)で

GAPがNFTコレクション販売へ、ブロックチェーンはテゾス(XTZ)採用

NFTマーケットプレイスRarible、テゾス(XTZ)にマルチチェーン対応

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored