「Maple Finance(MPL)」がシステム改善のアップグレード、ソラナ(SOL)でのサービス停止も発表

Maple Financeがシステム改善のアップグレード実施

DeFi(分散型金融)レンディングプロトコル「メイプルファイナンス(Maple Finance)」が、システム改善のためアップグレード実施完了を12月14日に発表した。

これによりメイプルファイナンスは「メイプル2.0(Maple2.0)」の新バージョンをリリースしている。

新バージョンでは、新たな機能として「自動複利」や「貸付資本ロックアップの解除」などが導入されたが、そもそも今回のアップグレードは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTX破綻をきっかけに見つかったシステムの欠点を改善を行うために実施がされている。

メイプルファイナンスは、先日同プロトコルが提供している債権のうち約3600万ドルが債務不履行に、約1800万ドルが不良債権になったことが分かっている。これは同プロトコルの貸出残高のうち66パーセントを占めるという。

大きな損害を受けることになった決定的な理由は、FTXの倒産で貸し手企業の資産がロックされたことで、ローンの返済が滞ったことによるという。

この損害を受けたことからメイプルファイナンスが発行しているネイティブトークン「MPL」の価格が50パーセントほど下落し、過去最低価格を記録した。

この騒動によってこれまでのメイプルファイナンスのシステムでは、貸し手が資金を引き出せない場合があるなどのいくつかの欠点が明らかになり、これらの欠点を改善するために今回のアップグレードおよび「メイプル2.0」のリリースが行われた。

また同プロジェクトは「メイプル2.0」のリリースに際し、新しくなったスマートコントラクトの機能やプロダクト、今後の戦略についてを、アップグレード完了と同じく14日に発表した。この発表でメイプルファイナンスは、これまで展開してきたソラナ(Solana)上でのサービスを停止するとした。

メイプルは4月、ソラナでのプールを3億ドルにまで増やす目標を立てていた。今回の撤退決定は、ソラナがFTXから受けた影響を考えてのものであると思われる。

なおメイプルファイナンスはブログにて「Maple Ethereumアプリの改善とイーサリアムのプルーフオブステーク(Proof of Stake)への移行により、イーサリアムでの摩擦がメイプルプロトコルの現在および将来のユーザーにとってもはや妨げになることはないと確信しています。それ以上に、イーサリアムのエコシステムは繁栄しており、デジタル資産技術に参加する機関にとって明らかなエントリーポイントです。私たちは、その否定できない価値に大きく貢献したいと考えています」と語っている。  

関連ニュース

米議会で暗号資産規制強化の機運高まる、FTX創業者起訴で

FTX前CEOサム、詐欺・マネロン・選挙法違反など計8件で起訴

FTX前CEOサムがバハマで逮捕、米国へ身柄引き渡しか

暗号資産メディア「The Block」CEO辞任、FTX元CEOサムのアラメダからの融資開示せず

FTX Japanへの業務停止命令が継続、関東財務局が再び行政処分

参考:メイプルファイナンス戦略メイプルファイナンスアップグレードについて
デザイン:一本寿和
images:iStocks/sasha85ru

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/17話題】コインチェックにBRIL上場、コインベストが関東財務局から行政処分など

コインチェックに「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」上場、ビットトレードにアプトス(APT)とトンコイン(TON)上場へ、コインベストが関東財務局から行政処分、IEO業務態勢の改善命令で、米SEC、リップル社に1億260万ドルの罰金科すよう裁判所に要求、オーケーコインジャパンに「トンコイン(TON)上場へ、国内2例目、BISが86の中銀対象としたCBDCに関する調査結果を発表=レポート、暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道、独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ、ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

Sponsored