キャッシーウッドのアークと21Shares、イーサリアム現物ETFを申請

ビットコイン現物ETFも申請中のアークがイーサ現物も

米国著名投資家キャッシー・ウッド氏率いる投資会社のアーク・インベスト(ARK Invest)と暗号資産(仮想通貨)投資商品を提供する21シェアーズ(21Shares)が、イーサリアム(ETH)の現物(スポット)上場投資信託(ETF)の承認を米証券取引委員会(SEC)へ申請した。9月6日の提出書類にて明らかとなった。もしこの申請が承認されれば米国で初の事例となる。

今回申請されたのは「Ark 21Shares Ethereum ETF」だ。カストディは、同社がすでに申請している現物ビットコインETFと同様、コインベース・カストディ・トラスト・カンパニー(Coinbase Custody Trust Company)が行う。

前述のとおり、アーク・インベストは現在、現物ビットコインETFを申請中だ。

アーク・インベストメント・マネジメントは2021年6月、SECへ「ARK 21Shares Bitcoin ETF」の申請を行っていたが、SECはこれを却下している。

今年5月9日には、シーボー・グローバル・マーケッツ(Cboe Global Markets)が、同社運営の株式取引所「シーボーBZX取引所(Cboe BZX exchange)」へ「ARK 21Shares Bitcoin ETF」を上場するための申請をSECに行っていた。なおシーボーが同ETFの上場をSECへ求めるのはこれで3度目であった。

アーク・インベストメント・マネジメントは、SECが最終決定を下すまで最長240日(2024年1月まで)の猶予を与えていたが、今年8月、同ETFについてSECが承認可否を延期したことが明らかとなっている。

なおアーク・インベストと21シェアーズは8月24日、2つのイーサリアム先物ETFである「ARK 21Shares Active Ethereum Futures ETF」と「ARK 21Shares Active Bitcoin Ethereum Strategy ETF」をSECへ申請している。

関連ニュース

参考:提出書類
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Funtap

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表