「スイ(SUI)」のミステンラボ、グーグルクラウドと提携

SUIのミステンラボがグーグルクラウドと提携

レイヤー1ブロックチェーン「スイ(Sui)」開発元のミステンラボ(Mysten Labs)が、グーグルクラウド(Google Cloud)との提携を4月30日発表した。

この提携により、「スイ」上のさまざまなWeb3およびAI搭載アプリケーションのセキュリティ、スケーラビリティ、開発者ツール、ユーザーエクスペリエンスを強化するとのこと。

具体例として挙げられたのは、グーグルクラウドの生成AIアプリを構築するためのフルマネージドAI開発プラットフォーム「Vertex AI」を使用して、「スイ」はWeb3開発者によるコード生成のデバックと拡張を支援するという。

またミステンラボは、グーグル提供のAIとクラウドプラットフォームを使用して、Rust(ラスト)、Move(ムーブ)、Typescript(タイプスクリプト)、Solidity(ソリディティ)といった開発言語のセキュリティ脆弱性を特定する新しいAIベースのコード監査ツールを作成したとのこと。これによりミステンラボは、脆弱なコードを容易に特定し、改善すべきセキュリティの取り組みをアップデートしたとのことだ。

ミステンラボのCEO兼共同創業者であるエヴァン・チェン(Evan Cheng)氏は「グーグルクラウドとのコラボレーションは、安全でスケーラブルな、ユーザー中心のWeb3エクスペリエンスの開発を推進するのに役立ちます。またグーグルクラウドのインフラと最先端のAI機能は、『スイ』のユニークな技術的強みを補完し、あらゆるタイプの開発者が『スイ』上で次世代の分散型アプリケーションを開発できるようにします」とコメントしている。

スイ(SUI)とは

「スイ」は、メタ(Meta)のブロックチェーン研究開発部門であるディエム(Diem)の元リードエンジニアたちによって設立されたミステンラボ(Mysten Labs)開発のブロックチェーン。高い処理性能による高速なトランザクションと低い手数料で利用できることから高く評価されている。なおスイは、昨年5月3日にメインネットがローンチしている。

ちなみに「スイ」は、ディエム開発の開発言語「ムーブ(Move)」を採用している。また「スイ」の他に、ディエムの開発チームに所属していた元メンバーによって開発されているL1ブロックチェーン「アプトス(Aptos)」でも、「スイ」と同じく開発言語には「ムーブ」が採用されている。

なお国内暗号資産取引所ではバイナンスジャパンおよびオーケーコイン・ジャパンの2社が、「スイ」のネイティブトークン「SUI」を取り扱っている。

関連ニュース

参考:ミステンラボ
images:iStocks/Olena-Lishchyshyna・Lidiia-Moor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している