ポリゴンラボとグーグルクラウドが提携、ポリゴンエコシステムの成長に向け

Polygon LabsとGoogle Cloudが提携

ポリゴンラボ(Polygon Labs)が、グーグルクラウド(Google Cloud)との複数年にわたる戦略的パートナーシップ締結を4月27日発表した。

この提携により、ポリゴンPoS(Polygon PoS)やポリゴンスーパーネット(Polygon Supernets)、ポリゴンzkEVM(Polygon zkEVM)などのポリゴンコアプロトコルが、グーグルクラウドのインフラおよび開発者向けツールとして採用されるとのこと。

そして両社は、開発者がポリゴン上でweb3プロダクトや、分散型アプリケーション(dApps)を簡単に構築・立ち上げ・成長できるようにする為、エンジニアリングと市場開拓に取り組んでいくという。

またグーグルクラウドとしては、ポリゴンエコシステムのクラウドサービスをさらに多様化させる為、同社提供のフルマネージドノードホスティングサービス「ブロックチェーンノードエンジン」をポリゴンエコシステムに導入するとしている。

これにより開発者は、ポリゴンPoSノードの設定や運用の際に悩むことなく、ノードの配置場所のフルコントロールが可能になるという。

さらにポリゴンベンチャーズ(Polygon Ventures)が支援する初期段階のスタートアップには、グーグルクラウド提供のスタートアッププログラム「Google for Startupsクラウドプログラム(Google for Startups Cloud Program)」を通じて、web3関連のプログラム特典が提供されるとのこと。

なお「Google for Startupsクラウドプログラム」は、グーグルクラウドがビジネスの立ち上げから成功・成長までを支援するスタートアッププログラム。web3スタートアップ向けのプログラムは今月26日に追加された。

このプログラムでは、グーグルクラウド提供のアプリ構築プラットフォーム「フルマネージド」及び「サーバーレス」などをはじめとしたリソースが無償で提供されるとのことだ。

関連ニュース

参考:Polygon Labs
images:iStocks/Muhammad-Farhad

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ