ポリゴンラボ、イーサL2「Polygon zkEVM」メインネットβ版ローンチ

イーサL2「Polygon zkEVM」メインネットβ版がローンチ

ポリゴンラボ(Polygon)が、「Polygon zkEVM」のメインネットベータ版をローンチしたことを3月27日発表した。

「Polygon zkEVM」は、ポリゴンラボが開発するイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2(L2)スケーリングソリューションだ。2月14日に事前予告されていた日程に予定通り、メインネットベータ版がローンチされた。

また今回アップデートされた情報として、「Polygon zkEVM」が完全なオープンソースとなったことが発表されている。

ポリゴンラボによると「Polygon zkEVM」メインネットベータ版の最初のトランザクションは、イーサリアムの共同創設者であるヴィタリク・ブテリン(Vitalik Buterin)氏が実行したとのこと。なおブテリン氏はこのトランザクションハッシュ「0x18db0b46e46777b5b369460be229b0704abe7d24bf88dbfee99054c43b0c121c」の入力データにおいて「A few million constraints for man, unconstrained scalability for mankind:人間には数百万の制約、人類には無制約のスケーラビリティ」のメッセージを残している。

なお「Polygon zkEVM」はゼロ知識証明(zero-knowledge proof:zkp)の活用により複数のトランザクション(取引)を1つのトランザクションとしてまとめて処理し、送ることでイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決しているという。

またEVM(Ethereum Virtual Machine)との互換性も確保されているため、開発者とユーザーはイーサリアム上で使用しているのと同じコード、ツール、アプリなどが「Polygon zkEVM」上で使用できるとのことだ。

関連ニュース

参考:ポリゴンラボ最初のトランザクション
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Vit_Mar・PerlaStudio・artacet

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ