ポリゴン(MATIC)、「Polygon zkEVM」テストネット最終版リリース

ポリゴン、「Polygon zkEVM」テストネット最終版

ポリゴン(Polygon)が、ゼロ知識証明を利用したスケーリングソリューション「zkEVM」に対応した最終テストネットを12月21日にリリースした。

「zkEVM」とはゼロ知識証明を活用することで複数のトランザクションをまとめて処理し、イーサリアム(Ethereum)のスループットの向上とガス料金の低下を目指すレイヤー2ソリューションである。またEVM(Ethereum Virtual Machine)との互換性も確保されているため、EVMと同様のコードで利用が可能だ。「Polygon zkEVM」が本格的に稼働すれば、イーサリアムの分散性やセキュリティを損なうことなく、より安価で高速にイーサリアムを利用できるようになるという。

なおポリゴンは「zkEVM」に対応したテストネットを今年10月にリリースしているため、今回のテストネットは2番目のものとなる。

今回のテストネットでは、新たな機能として「recursion:再帰(リカージョン)」が導入されている。「recursion」により、単一の証明を使用して他のトランザクションの検証を行うことができるようになる。つまり、入れ子構造で検証を重ねていくことができるようになるため、指数関数的なスケーリングを実現できるようになるということだ。

なお10月にリリースされた最初のテストネットは1月5日に廃止されるため、利用者は注意が必要とのことだ。

今後ポリゴンの開発チームは数週間から数か月をかけて、複数のトランザクションをバッチに変換する処理の効率性の向上に取り組むとのこと。なおメインネットのリリース日は明らかにされていない。

関連ニュース

【取材】UPBOND、電通デジタルとポリゴン(MATIC)と協業

ポリゴンスタジオとhi提携、NFT表示のデビットカードがポリゴン対応に

Magic Edenがポリゴン(MATIC)対応、「Shatterpoint」と「infinite Drive」のNFT販売開始

アミューズがNFT対応ウォレット「A Wallet」提供開始、ポリゴン採用で

米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ

参考:Polygon
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Vit_Mar

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ