Magic Edenがポリゴン(MATIC)対応、「Shatterpoint」と「infinite Drive」のNFT販売開始

Magic Edenがポリゴン対応開始

NFTマーケットプレイス「マジックエデン(Magic Eden)」が、ポリゴン(Polygon/MATIC)のサポート開始を12月15日に発表した。

マジックエデンは先月、ポリゴンのネイティブトークンである「MATIC」対応のNFTローンチパッド及びマーケットプレイスを、今月リリース予定であることを発表していた。なおローンチパッドとは、クリエイター(販売)側が、期間限定のセールやコレクションのホワイトリスト所有者向けのセールが行えるサービスだ。

今回のポリゴン対応によりローンチパッドでは、ブロックチェーンゲームプロジェクト「シャッターポイント(Shatterpoint)」と「インフィニットドライブ(infinite Drive)」がローンチされており、これらプロジェクトのNFTコレクションが、マジックエデン上で販売されている。

「シャッターポイント」は、iOSとAndroidでプレイできるアクションロールプレイングマルチプレイヤーゲームだ。「インフィニットドライブ」は、現在AndroidでプレイできるNFTレーシングプラットフォームとなっている。

また2023年初頭には、web3メタバースゲーム「プラネットモジョ(Planet Mojo)」と「カカオゲームズ(Kakao Games)」のゲームプロジェクトがローンチされる予定とのことだ。

ローンチパッドに参加している他ゲーム開発社およびパブリッシャーには、ボラ(BORA) やインテラエックス(IntellaX)、エヌウェイ(nWay)、ブロックゲームス(Block Games)などがある。

なおマジックエデンはポリゴンの他に、ソラナ(Solana)とイーサリアム(Ethereum)にマルチチェーン対応している。

関連ニュース

NFTマーケットプレイス「Magic Eden」、ポリゴン(MATIC)対応へ

耳から学ぶ「ポリゴン」ブロックチェーンとビジネス戦略(Polygon ビール依子)

ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応

ソラナ(SOL)のNFTマーケットプレイス「マジックエデン」、イーサリアムに対応

「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携

参考:Magic Eden

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資