NFTマーケットプレイス「Magic Eden」、ポリゴン(MATIC)対応へ

「Magic Eden」がポリゴン対応へ

NFTマーケットプレイス「マジックエデン(Magic Eden)」が、ポリゴン(Polygon/MATIC)でミント(鋳造/発行)されたNFTへの対応予定を11月22日に発表した。ソラナ(Solana)とイーサリアム(Ethereum)に続き、3例目のマルチチェーン対応となる予定だ。

「マジックエデン」は12月より、ポリゴンのネイティブトークンであるMATIC対応のNFTローンチパッドおよびマーケットプレイスをリリースする予定とのこと。なおローンチパッドの公開後に、マーケットプレイスがリリースされる予定だという。

ローンチパッドには既に、ボラ(BORA) やインテラエックス(IntellaX)、エヌウェイ(nWay)、ブロックゲームス(Block Games)などといったゲーム開発社およびパブリッシャーが参加しているとのこと。

ちなみにローンチパッドでは、クリエイター(販売)側が、期間限定のセールや、コレクションのホワイトリスト所有者向けのセールが行えるようだ。

なお「マジックエデン」では、ソラナおよびイーサリアム対応によりNFT購入の決済手段としてSOL・ETH・クレジットカード(法定通貨)が選択可能となっている。12月のポリゴン対応により決済手段にMATICが追加されることになる。

関連ニュース

耳から学ぶ「ポリゴン」ブロックチェーンとビジネス戦略(Polygon ビール依子)

ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応

ソラナ(SOL)のNFTマーケットプレイス「マジックエデン」、イーサリアムに対応

「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携

ソラナのNFTマーケットプレイス「Magic Eden」、約177億円調達=報道

参考:マジックエデンポリゴン
images:iStocks/プレスリリースより

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した