NFTマーケットプレイス「Magic Eden」、ポリゴン(MATIC)対応へ

「Magic Eden」がポリゴン対応へ

NFTマーケットプレイス「マジックエデン(Magic Eden)」が、ポリゴン(Polygon/MATIC)でミント(鋳造/発行)されたNFTへの対応予定を11月22日に発表した。ソラナ(Solana)とイーサリアム(Ethereum)に続き、3例目のマルチチェーン対応となる予定だ。

「マジックエデン」は12月より、ポリゴンのネイティブトークンであるMATIC対応のNFTローンチパッドおよびマーケットプレイスをリリースする予定とのこと。なおローンチパッドの公開後に、マーケットプレイスがリリースされる予定だという。

ローンチパッドには既に、ボラ(BORA) やインテラエックス(IntellaX)、エヌウェイ(nWay)、ブロックゲームス(Block Games)などといったゲーム開発社およびパブリッシャーが参加しているとのこと。

ちなみにローンチパッドでは、クリエイター(販売)側が、期間限定のセールや、コレクションのホワイトリスト所有者向けのセールが行えるようだ。

なお「マジックエデン」では、ソラナおよびイーサリアム対応によりNFT購入の決済手段としてSOL・ETH・クレジットカード(法定通貨)が選択可能となっている。12月のポリゴン対応により決済手段にMATICが追加されることになる。

関連ニュース

耳から学ぶ「ポリゴン」ブロックチェーンとビジネス戦略(Polygon ビール依子)

ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応

ソラナ(SOL)のNFTマーケットプレイス「マジックエデン」、イーサリアムに対応

「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携

ソラナのNFTマーケットプレイス「Magic Eden」、約177億円調達=報道

参考:マジックエデンポリゴン
images:iStocks/プレスリリースより

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored