DCG子会社Foundry Digital、破産申請のマイニング企業Comupute Northの施設など取得

DCG、Compute Northのマイニング施設取得へ

「グレースケール(Grayscale)」や暗号資産(仮想通貨)」メディア「コインデスク(Coindesk)」などを傘下にもつデジタル・カレンシー・グループ(Digital Currency Group:DCG)の100%子会社であるファンドリーデジタル(Foundry Digital LLC)が、暗号資産(仮想通貨)マイニング企業コンピュートノース(Compute North)と資産売買契約を締結したことを11月22日に発表した。なおコンピュートノースは今年9月に米国破産申請法(チャプター11)を申請している。

資産売買契約を通してファンドリーデジタルは、コンピュートノースからマイニング施設2つとその他の資産、開発中の施設を取得するオプションを取得するという。

具体的には「サウスダコタ州のノーススーシティとテキサス州ビッグ・スプリングスにある2つのマイニング施設」、「コンピュートノースがネザーランド州ミンデンに所有する施設の完全建設・運営権」、「コンピュートノースが所有するマイニング機器一式」、「コンピュートノース独自の大規模データセンター向けクラウドベース管理・監視ソフトウェアMinerSentryに関連する権利などの知的財産」を取得できると説明されている。

ファンドリーデジタルのCEOマイク・コリアー(Mike Colyer)氏は「あらゆる市場サイクルを通じてマイニング企業をサポートし、デジタル資産のインフラを強化することが当社の使命でした。コンピュートノースは当社の長年のパートナーであり、北米のマイニングエコシステムを成長させながら、彼らが長年にわたって築いた基盤を継続する機会を得たことを嬉しく思います」とコメントしている。


images:iStocks/Samuil_Levich

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ