EY USとTaxBitが提携、暗号資産やNFTの税務・会計ソリューション提供へ

EY USとTaxBitが提携

大手監査法人EYの米国法人EY USが、暗号資産(仮想通貨)やNFTなどの税務・会計ソリューション提供のタックスビット(TaxBit)との提携を12月16日に発表した。

両社の提携は、規制当局が暗号資産の取引に関する報告プロセスやそのフォーマットを要求し始めていることに理由があるという。

そして両社は暗号資産のエコシステムに合わせたEY USのサービスとともに、一連の税務および会計ソリューションを企業に提供していくとのことだ。具体的に、両社は企業が税務報告要件(米内国歳入庁の税務申告など)への対応やコンプライアンスへの準拠などをより迅速に行えるようにするためのソリューションを提供するとのことだ。

なお両社のサービスの対象となるのは、暗号資産取引所、DeFi(分散型金融プロトコル)、Gamefi事業者などだという。

EY USのEY Financial Services Crypto Tax Leaderであるトーマス・シー(Thomas Shea)氏は「ワシントンでは多くの進展が見られますが、納税者のコミュニティーの中にはまだ不確実性があります。EY Digital Asset Tax Suiteは、現在のギャップを埋め、暗号資産市場に従事する人々が税務申告義務を果たすのを支援しようとするものです」と伝えている。

タックスビットのCOOであるリンジー・アルガラス(Lindsey Argalas)氏は「タックスビットでは、デジタル資産の税務・会計を管理するための単一記録システムを企業に提供することに注力しています。EY USとの提携により、世界レベルの専門知識、サービス、サポートが統合され、当社のソリューションが強化されます。EY USチームとともに、グローバル経済におけるデジタル資産のコンプライアンス導入を実現することを楽しみにしています」とコメントしている。

参考:EY
images:iStocks/shilh

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ