ポリゴン、ゼロ知識証明利用のL2「zkEVM」発表

ポリゴンがゼロ知識証明を利用したL2ソリューションを発表

イーサリアムのスケーリングソリューションの開発を行うポリゴン(Polygon)が、新たなスケーリングソリューション「Polygon zkEVM」を7月20日に発表した。

「Polygon zkEVM」は、複数のトランザクションをまとめてゼロ知識証明(zkプルーフ)によって検証するzkロールアップを活用したレイヤー2ソリューションであり、スケーラビリティの高さが強みとのこと。さらに「Polygon zkEVM」は、EVM(Ethereum Virtual Machine)との互換性も確保されているため、EVMと同様のコードで利用することができるという。「Polygon zkEVM」が本格的に稼働すれば、イーサリアムの分散性やセキュリティを損なうことなく、より安価で高速にイーサリアムを利用できるようになるとのことだ。

ポリゴンは今後「Polygon zkEVM」に関するドキュメントやテストネットを公開し、オープンソースとしてコミュニティとともに改善を行っていくとのことだ。

ポリゴンの他にもマターラボ(Matter Labs)、スクロール(Scroll)の2社が同日にzkEVMを発表している。いずれも現時点ではテストネットの準備段階であり、メインネットの公開予定時期についてはポリゴンが2023年初頭、マターラボは2022年末、スクロールは未定となっている。

関連ニュース

ポリゴン(MATIC)、「ディズニーアクセラレーター」に選出

ポリゴン対応スマホ「Phone (1)」発売へ、英Nothing

イーサリアムのリキッドステーキング提供「Lido」、L2対応へ

ーサリアムL2開発「StarkWare」、独自トークン発行

NEAR Protocolのニア財団、カストディ大手BitGoと提携


参考: PolygonMatter LabsScroll
デザイン:一本寿和
images:iStocks/RAPEEPON-BOONSONGSUWAN・dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【9/29話題】フラクトンとアービトラム財団が提携、コインベースが米国外個人ユーザーに無期限先物取引を提供へなど

Arbitrum Japanが日本市場で展開開始、フラクトンがアービトラム財団と提携で、イーサL2「Arbitrum」、アービトラムオデッセイ再開へ、バイナンス、ペイセーフユーザーのユーロ取引を停止、ブエノスアイレス、ブロックチェーンベースのデジタルID発行へ、国内初、オーケーコインジャパンにスイ(SUI)上場へ、米コインベース、米国外の個人ユーザー向けに無期限先物取引を提供へ、DFINITY財団が「ICP Asia Alliance」立ち上げ、アジア全土でのweb3導入促進に向け、香港認可のHashKey Exchange、アバランチ(AVAX)取り扱い開始、米SEC、ブラックロック・ヴァルキリー・ビットワイズ申請の現物ビットコインETF承認判断を再度延期、米SEC、ヴァルキリーのイーサリアム先物ETFを承認=報道、人気NFT「BAYC」とストリートファッション「BAPE」、コラボコレクション販売へ