ポリゴン対応スマホ「Phone (1)」発売へ、英Nothing

Nothingがポリゴン対応web3スマホ発売へ

英テクノロジー企業「ナッシング(Nothing)」が、ポリゴン(Polygon)と提携し、ポリゴン対応のweb3スマートフォン「Phone (1)」を販売することが7月5日分かった。

「Phone (1)」の価格や正式販売の日時などの詳細については、7月16日開催のイベント「Return to Instinct」にて発表されるとのこと。なお「Phone (1)」は今月13日、NothingのTシャツを先着購入した100人に対し限定予約販売するとしている。Tシャツは1点税込3,000円。6月26日24時までにイベント参加を申し込み招待コードを入手する必要がある。

ナッシングは、ワイヤレスイヤフォンを提供する英ロンドン拠点のスタートアップだ。現実の商品にweb3分野を橋渡しする初のブランドを目指しており、今回の「Phone (1)」が同社初のスマートフォンとなる。なおナッシングは米スニーカーマーケットプレイス「ストックX(StockX)」と提携している。

ナッシングは今回のポリゴンとの提携により、まずNFTロイヤリティプログラムを立ち上げるとのこと。web3スマートフォンなどのプロダクトを開発し、web3アプリケーションへアクセスできるようにするとのこと。

NFTロイヤリティプログラムは、ナッシングのコミュニティ向けに設計されたものとなっている。コミュニティメンバーは、ポリゴンベースの「コミュニティ限定コンテンツ」や「商品の割引」、「特典のアンロック」、「オフラインイベントへの参加」などにアクセスできるとのことだ。

他のweb3スマートフォンの事例としては、ソラナ(Solana/SOL)が、web3スマートフォン「Saga」を6月24日に公開している。ソラナモバイル(Solana Mobile)とスマホ開発企業OSOMが連携し、「Saga」を開発しているとのこと。

関連ニュース

【取材】ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ

ポリゴン(MATIC)が約510億円調達、Web3のAWS目指す

【解説動画】ポリゴン(MATIC)とは?(ポリゴンチーム ビール依子氏)

ポリゴン、zk-STARKのスケーリングソリューション「Polygon Miden」発表

【独占取材】ポリゴンが目指す、人々がブロックチェーンをストレスなく使える世界(Polygon VP-Growth Arjun Kalsy)

参考:Polygon
デザイン:一本寿和
images:iStocks/eskymaks

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored