スクエニが「ファイナルファンタジー」NFT同梱の物理トレカやフィギュア発表、ENJINのEfinity採用

スクエニが「ファイナルファンタジー」NFT同梱の物理トレカやフィギュア発表

スクウェア・エニックス(SQUARE ENIX)が、人気タイトル『ファイナルファンタジーVII』の25周年を記念し、デジタル鑑賞やブロックチェーン上の保有証明などを盛り込んだ新しいホビー商品を7月21日発表した。

発表されたのは、トレーディングカードシリーズ「ART MUSEUM(アートミュージアム)」と、キャラクターフィギュアシリーズ「BRING ARTS(ブリングアーツ)」の最新作だ。

「ART MUSEUM」の最新作では、従来同様の物理トレーディングカードに専用コードが同梱されるとのこと。購入者はこのコードでウェブサイト上で好きなデジタルカード一枚と交換でき、物理トレーディングカードと同様にコレクションの楽しみを味わえるとのこと。このデジタルカードが、NFTとなる。

このトレーディングカードの正式な商品名は「FINAL FANTASY VII ANNIVERSARY ART MUSEUM デジタルカードプラス」。トレーディングカードのデザインは、ノーマルカード99種、アナザーノーマルカード3種、プレミアムカード(ノーマルカード、アナザーカードのフォイル仕様)102種、シークレットカード3種の全207種で、6枚が1パックで440円(税込)の販売となる。

なおその1パックにNFTのデジタルカードが1枚同梱される。前述の通り、ユーザーは同梱のコードで全207種類の中から任意のデジタルカードNFTを入手できるとのことだ。このパックは、2023年春に販売予定とのこと。

また合わせて発表された「BRING ARTS」の最新作は、「FINAL FANTASY VII」の主人公のクラウド・ストライフのアクションフィギュア商品だ。従来同様に物理キャラクターフィギュアの単体エディションに加え、スマートフォン・PCから360度楽しめるデジタル版フィギュアが付属するエディションも販売される。また、どちらのエディションにもブロックチェーン上の保有証明(デジタル正規品証明書)が付属するとのこと。

通常版は13,200円(税込)。スクウェア・エニックスe-STORE限定のデジタルプラスエディションは16,500円(税込)で、前述の保有証明に加え、デジタル版フィギュアがセットになっている。デジタルプラスエディションのパッケージの中にはフィギュアの他、 デジタル正規品証明書交換券およびデジタル版フィギュア交換券が封入されているとのことだ。こちらのデジタル版フィギュアもNFTになっている。発売は2023年11月25日の予定だ。

なおこれらのNFTのブロックチェーンは、エンジン(Enjin)が開発する「Efinity」が採用されている。そのためユーザーはこのNFT取得のためにEnjinウォレットアプリが必要となる。

「Efinity」の基盤はポルカドット(Polkadot)。スクエニの資料でポルカドットについて「主要な6つのPoS(Proof of Stake)ネットワークの中で最も⼆酸化炭素排出量が少なく、イーサリアムに⽐べ99.99%エネルギー消費量が少ない」と説明している。

なお今回のスクエニの取り組みはマーチャンダイジング分野におけるDX推進の第一弾として行われるとのことだ。スクエニはコロナ禍の影響からゲームイベントなどでの物販収入が大幅に落ち込むことを早期に見越してEC化を進めてきたという。現在はフィギュアや雑貨など物理商材が中心だが、今回の2商品を皮切りに次世代技術の活用を本格推進していく方針を示している。

ちなみにスクエニはゲーム業界向けにビットコイン(BTC)決済システムを提供する米ゼベディー(Zebedee)へ出資していたことを先日明らかにしている。なお昨年11月にスクエニはNFT事業化とブロックチェーンゲームへの注力を発表している。

参考:スクウェア・エニックス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/whitehoune

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【7/24話題】デジタルアセットマーケッツがAva Labsと提携、dYdX開発会社がv3を売却交渉中かなど(音声ニュース)

デジタルアセットマーケッツがアバランチのAva Labsと提携、RWAトークンの発行・流通などで、dYdX、開発会社が前バージョンv3を売却交渉中か=報道、米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超、米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ、バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資、香港、アジア初の「インバース型ビットコインETF」ローンチ

バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資

バイナンスラボがプルートスタジオへ出資 バイナンスラボ(Binance Labs)が、「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」基盤のゲーム「キャティゼン(Catizen)」をリリースしたプルートスタジオ(PLUTO Studios)に投資したことを7月24日発表した。 バイナンスラボは、今回プルートスタジオの資金調達ラウンドを主導したとのこと

米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ

9,200億ドル超の運用・管理資産を有する米大手投資管理会社ハミルトン・レーン(Hamilton Lane)が、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「シニア・クレジット・オポチュニティーズ・ファンド(SCOPE)」を立ち上げたと7月23日発表した

米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超

デジタル資産インデックスを提供するCFベンチマークズ(CF Benchmarks)、ビットワイズ・アセット・マネジメント(Bitwise Asset Management)、トレーダーらによると、イーサリアム(ETH)の価格に連動する米国の上場投資信託(ETF)は、7月23日に好調なデビューを飾り、10億7000万ドル相当の株式が取引され

【7/23話題】米SECが「イーサリアム現物ETF」最終承認、海外取引所Gateが日本向けサービス終了へなど(音声ニュース)

米証券取引委員会が「イーサリアム現物ETF」最終承認、23日より取引開始、海外暗号資産取引所Gate .io、日本向けサービス終了へ、ジパングコイン等のRWAトークンをグローバル展開へ、デジタルアセットマーケッツが韓国CREDERと提携、ビットトレード、フォビトークン(HT)取扱い廃止へ、スラッシュ、「Uniswap-Arbitrum Grant Program」から助成金獲得、バイナンスUS、顧客資産を財務省短期証券で運用する承認得る、テレグラム、今月中にミニアプリストアとWeb3用アプリ内ブラウザが導入へ