米コインベースでGNO、MTL、SWFTC、SYLO、ABT上場へ

米コインベースで5銘柄上場へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)で、暗号資産ノーシス:Gnosis(GNO)、メタル:Metal(MTL)、スウィフトコイン:SwftCoin(SWFTC)、サイロ:Sylo(SYLO)、アークブロック:Arcblock(ABT)の5銘柄が上場することが7月21日分かった。

発表によるとこれら5銘柄は流動性条件が満たされ次第、「コインベースドットコム(Coinbase.com:販売所)」及び、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォーム「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange)」にて、7月21日9時(太平洋標準時)以降に取引開始される予定とのことだ。

取引ペアについては、5銘柄それぞれUSDをサポート後、段階的にUSDTをサポートするとのこと。なお日本は対象外だ。

コインベースは新規上場の「検討中」および「計画中」暗号資産リストを公開しており、今回上場する5銘柄は同リストに記載がされていた銘柄となる。

またSWFTC、SYLO、ABTの3銘柄は、新規銘柄や市場で取引量が比較的少ない銘柄に付ける「Experimental label(実験的ラベル)」の対象通貨となっている。このラベルは、市場の状況で取引量が増えた場合に削除される。

各暗号資産について

ノーシスはイーサリアム上に作られた予測市場プラットフォームだ。GNOはガバナンス提案に投票するためのGnosisDAOのガバナンストークンとなっている。GNOは、ノーシスチェーンでのステーキング及びノーシスDAOのエコシステム内で利用できる。

現在GNOは、バイナンス(Binance)やフォビグローバル(Huobi Global)、クラーケン(Kraken)、ゲート(Gate.io)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)及びV3やスシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約520億円となっている(7/21 コインマーケットキャップ調べ)。

Metalは法定通貨を暗号資産へ、暗号資産から法定通貨へ変換する決済プラットフォームを提供している。エコシステム内では手数料がかからずに、MTLを送受信または売買できる。

現在MTLは、バイナンス(Binance)やFTX、クーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約130億円となっている(7/21 コインマーケットキャップ調べ)。

SWFTブロックチェーンは、クロスチェーンスワッププロトコル及び決済ネットワークを提供している。SwftCoinはイーサリアム、バイナンススマートチェーン(BSC)、Huobiの独自ブロックチェーンHECOのユーティリティトークンだ。

現在SWFTCは、クーコイン(KuCoin)やゲート(Gate.io)、フォビグローバル(Huobi Global)、OKXなどの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)やパンケーキスワップV2(PancakeSwap V2)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約20億円となっている(7/21 コインマーケットキャップ調べ)。

Syloは、ユーザーののコンピュータやサーバーでSylo Nodeソフトウェアを実行する分散型通信インフラストラクチャだ。ユーザーは自分のデバイスからネットワークに通信サービスを提供する代わりにSYLOを獲得できる。

現在SYLOは、クーコイン(KuCoin)やゲート(Gate.io)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約20億円となっている(7/21 コインマーケットキャップ調べ)。

Arcblockは、DApp(分散型アプリケーション)の構築および実行を容易にするプラットフォームだ。ABTはArcBlockエコシステム内の支払いに利用できる。

現在ABTは、ゲート(Gate.io)やフォビグローバル(Huobi Global)、OKXなどの暗号資産取引所で取り扱われている。なお時価総額は約16億円となっている(7/21 コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

米コインベース、イタリアで暗号資産ライセンス取得

米コインベース、ソラナ(SOL)ステーキング提供開始

米コインベース、ジェミナイUSD(GUSD)とボバネットワーク(BOBA)上場へ

ゴールドマンサックス、コインベース株の投資判断「売り」に=報道

米コインベースでXCN、METIS、MONA、AST、MEDIA上場へ

参考:Twitterコインベース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored