ポリゴン(MATIC)、イーサL2「Polygon zkEVM」メインネットβ版を来月ローンチへ

Polygon zkEVMメインネットβ版が来月ローンチへ

ポリゴン(Polygon)が「Polygon zkEVM」のメインネットベータ版のローンチ予定日を2月14日発表した。

「Polygon zkEVM」のメインネットベータ版は3月27日にローンチされる予定。今後数週間のうちに、より詳細な情報を発表するとのことだ。

なお最終テストネットは昨年12月21日にリリースされていた。

「Polygon zkEVM」は、ポリゴンが開発するイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2(L2)スケーリングソリューション。ゼロ知識証明(zero-knowledge:zk)の活用により「Polygon zkEVM」で複数のトランザクション(取引)を1つのトランザクションとしてまとめて処理し、送ることでイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するという。

またEVM(Ethereum Virtual Machine)との互換性も確保されているため、開発者とユーザーはイーサリアム上で使用しているのと同じコード、ツール、アプリなどが「Polygon zkEVM」上で使用できるとのこと。

テストネットでは、ウォレットが8万4,000以上作られ、ブロックが30万以上、スマートコントラクトが5,000以上、zkによる証明は7,500以上生成されたとのこと。また2社のサードパーティによる監査実施やトランザクションの証明を生成するめのコストが0.06ドルまで削減できているとのことだ。

関連ニュース

参考:ポリゴンPolygon zkEVM
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察