ThirdverseがPolygon Studiosと提携、キャプテン翼ゲームにもポリゴン(MATIC)採用

キャプテン翼ブロックチェーンゲーム、ポリゴン採用

ゲーム開発企業Thirdverse(サードバース)が、ポリゴンスタジオ(Polygon Studios)と戦略的パートナーシップにおける基本合意書を締結したと11月18日発表した。

またThirdverseの子会社らが年内にローンチ予定のブロックチェーンゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』でも、ポリゴン(Polygon/MATIC)を採用するとのことだ。

パートナーシップの目的として、世界に向けて日本のIPを使ったブロックチェーンゲームを生み出し、web3のマスアダプションを目指すことが挙げられている。今後、Thirdverseとポリゴンは、ブロックチェーンゲーム開発に伴う技術・マーケティング・事業開発などを包括的に連携・協力し、日本のIPを使ったブロックチェーンゲームを開発していくようだ。

「キャプテン翼 -RIVALS-」とは?

「キャプテン翼 -RIVALS-」は、原作「キャプテン翼」に実際に登場する選手たちを育成し、他のプレイヤーと対戦(PvP)する新感覚ブロックチェーンゲーム。他プレイヤーとの対戦を通して得られるライバルピースを、選手やサポートキャラクターなどのNFTを含む報酬と交換することができる。オリジナルNFTを育て、チームを作り、ライバルたちと対戦することが可能だ。また、同ゲームではガバナンストークン「TSUBASAGT」と、ユーティリティトークン「TSUBASAUT」が発行される予定だ。

サードバースのブロックチェーンゲーム子会社であるSWORD(ソード)と、ソーシャルゲーム開発企業KLab(クラブ)のweb3子会社であるBLOCKSMITH(ブロックスミス)が開発、運営していく。

また11月8日にはブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」のアンバサダーに、プロサッカー選手の長友佑都氏が就任したと発表されていた。

関連ニュース

長友佑都、キャプテン翼ブロックチェーンゲームのアンバサダーに

【取材】キャプテン翼のブロックチェーンゲーム、ThirdverseとBLOCKSMITHが年内ローンチへ、2種のトークン発行

グリーがweb3事業参入を表明、ブロックチェーンゲーム開発を視野

耳から学ぶ「ポリゴン」ブロックチェーンとビジネス戦略(Polygon ビール依子)

インスタグラムがNFT作成・売買機能搭載へ、ポリゴン(MATIC)で

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【7/24話題】デジタルアセットマーケッツがAva Labsと提携、dYdX開発会社がv3を売却交渉中かなど(音声ニュース)

デジタルアセットマーケッツがアバランチのAva Labsと提携、RWAトークンの発行・流通などで、dYdX、開発会社が前バージョンv3を売却交渉中か=報道、米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超、米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ、バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資、香港、アジア初の「インバース型ビットコインETF」ローンチ

バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資

バイナンスラボがプルートスタジオへ出資 バイナンスラボ(Binance Labs)が、「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」基盤のゲーム「キャティゼン(Catizen)」をリリースしたプルートスタジオ(PLUTO Studios)に投資したことを7月24日発表した。 バイナンスラボは、今回プルートスタジオの資金調達ラウンドを主導したとのこと

米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ

9,200億ドル超の運用・管理資産を有する米大手投資管理会社ハミルトン・レーン(Hamilton Lane)が、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「シニア・クレジット・オポチュニティーズ・ファンド(SCOPE)」を立ち上げたと7月23日発表した

米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超

デジタル資産インデックスを提供するCFベンチマークズ(CF Benchmarks)、ビットワイズ・アセット・マネジメント(Bitwise Asset Management)、トレーダーらによると、イーサリアム(ETH)の価格に連動する米国の上場投資信託(ETF)は、7月23日に好調なデビューを飾り、10億7000万ドル相当の株式が取引され

【7/23話題】米SECが「イーサリアム現物ETF」最終承認、海外取引所Gateが日本向けサービス終了へなど(音声ニュース)

米証券取引委員会が「イーサリアム現物ETF」最終承認、23日より取引開始、海外暗号資産取引所Gate .io、日本向けサービス終了へ、ジパングコイン等のRWAトークンをグローバル展開へ、デジタルアセットマーケッツが韓国CREDERと提携、ビットトレード、フォビトークン(HT)取扱い廃止へ、スラッシュ、「Uniswap-Arbitrum Grant Program」から助成金獲得、バイナンスUS、顧客資産を財務省短期証券で運用する承認得る、テレグラム、今月中にミニアプリストアとWeb3用アプリ内ブラウザが導入へ