ThirdverseがPolygon Studiosと提携、キャプテン翼ゲームにもポリゴン(MATIC)採用

キャプテン翼ブロックチェーンゲーム、ポリゴン採用

ゲーム開発企業Thirdverse(サードバース)が、ポリゴンスタジオ(Polygon Studios)と戦略的パートナーシップにおける基本合意書を締結したと11月18日発表した。

またThirdverseの子会社らが年内にローンチ予定のブロックチェーンゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』でも、ポリゴン(Polygon/MATIC)を採用するとのことだ。

パートナーシップの目的として、世界に向けて日本のIPを使ったブロックチェーンゲームを生み出し、web3のマスアダプションを目指すことが挙げられている。今後、Thirdverseとポリゴンは、ブロックチェーンゲーム開発に伴う技術・マーケティング・事業開発などを包括的に連携・協力し、日本のIPを使ったブロックチェーンゲームを開発していくようだ。

「キャプテン翼 -RIVALS-」とは?

「キャプテン翼 -RIVALS-」は、原作「キャプテン翼」に実際に登場する選手たちを育成し、他のプレイヤーと対戦(PvP)する新感覚ブロックチェーンゲーム。他プレイヤーとの対戦を通して得られるライバルピースを、選手やサポートキャラクターなどのNFTを含む報酬と交換することができる。オリジナルNFTを育て、チームを作り、ライバルたちと対戦することが可能だ。また、同ゲームではガバナンストークン「TSUBASAGT」と、ユーティリティトークン「TSUBASAUT」が発行される予定だ。

サードバースのブロックチェーンゲーム子会社であるSWORD(ソード)と、ソーシャルゲーム開発企業KLab(クラブ)のweb3子会社であるBLOCKSMITH(ブロックスミス)が開発、運営していく。

また11月8日にはブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」のアンバサダーに、プロサッカー選手の長友佑都氏が就任したと発表されていた。

関連ニュース

長友佑都、キャプテン翼ブロックチェーンゲームのアンバサダーに

【取材】キャプテン翼のブロックチェーンゲーム、ThirdverseとBLOCKSMITHが年内ローンチへ、2種のトークン発行

グリーがweb3事業参入を表明、ブロックチェーンゲーム開発を視野

耳から学ぶ「ポリゴン」ブロックチェーンとビジネス戦略(Polygon ビール依子)

インスタグラムがNFT作成・売買機能搭載へ、ポリゴン(MATIC)で

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】韓国釜山市がブロックチェーンシティ目指し本格始動、バイナンスが欧州でステーブルコイン上場廃止を視野など

韓国釜山市が「ブロックチェーンシティ」目指し本格始動、約110億規模のファンド設立も、バイナンス、MiCA準拠のためにステーブルコイン上場廃止を視野に、アスター(ASTR)、韓国大手bithumbに上場、ブリッジプロトコル「Wormhole」、「USDC」の「クロスチェーン転送プロトコル」統合

ブリッジプロトコル「Wormhole」、「USDC」の「クロスチェーン転送プロトコル」統合

ブリッジプロトコル「ワームホール(Wormhole)」提供の「ワームホールコネクト(Wormhole Connect)」が、米ドルステーブルコイン「USDC」をブロックチェーン間で転送する「クロスチェーン転送プロトコル(Cross-Chain Transfer Protocol:CCTP)」と統合したことが9月20日に発表された

【9/21話題】コナミのPROJECT ZIRCONとNFTマーケットプレイス「リセラ」、コインチェックにイミュータブル(IMX)上場など

コナミ、初のweb3プロジェクト「PROJECT ZIRCON」とNFTマーケットプレイス「リセラ」発表、国内初、コインチェックにイミュータブル(IMX)上場。エイプコイン(APE)とアクシーインフィニティ(AXS)も、PayPalのモバイル決済アプリ「Venmo」、同社発行のステーブルコイン「PYUSD」を利用開始、ハッシュキーDXがIOSTのノードパートナーに参加、企業向けWeb3サービス開発支援で協力も、Polkadotエコシステムのコミュニティ「PolkaWorld」、資金提供を拒否され運営停止へ