【取材】キャプテン翼のブロックチェーンゲーム、ThirdverseとBLOCKSMITHが年内ローンチへ、2種のトークン発行

キャプテン翼のブロックチェーンゲーム、ThirdverseとBLOCKSMITHが年内ローンチへ

ゲーム開発企業Thirdverseとソーシャルゲーム開発企業KLabが、サッカー漫画 「キャプテン翼」のIPを活用したブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」を2022年内にローンチする予定であることを10月18日に発表した。

またゲームローンチに先立ち、本日より公式サイトやDiscordなどのソーシャルメディアコミュニティをオープンした。なお「キャプテン翼 -RIVALS-」においては、ガバナンストークンとして「TSUBASAGT」を、ユーティリティトークンとして「TSUBASAUT」を利用していくとのこと。

そしてトークンのIEO(Initial Exchange Offering)も実施する予定とのことだ。「あたらしい経済」編集部が担当者に確認したところ、国内か海外取引所どちらでIEOを実施するかは検討中だという。

またキャプテン翼のブロックチェーンゲームは、Thirdverseのブロックチェーンゲーム子会社SWORDとKLabのweb3子会社BLOCKSMITH&Coが開発、運営していく。「キャプテン翼 -RIVALS-」の投資家には、アニモカブランズ(Animoca Brands)やイールドギルドゲームス(Yield Guild Games)が加わっている。

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」

「キャプテン翼 -RIVALS-」は、原作「キャプテン翼」に実際に登場する選手たちを育成し、他のプレイヤーと対戦(PvP)する新感覚ブロックチェーンゲーム。最大の特長は、他プレイヤーとの対戦を通して得られるライバルピースを、選手やサポートキャラクターなどのNFTを含む報酬と交換することができる点とのことだ。

そして従来のスマートフォンゲームとは異なり、このゲームにおいてプレイヤーが扱う選手に関しては、たとえ同一選手であっても全て異なる絵柄・パラメータから構成されるようプログラムで生成された、「ジェネラティブ NFT」とのこと。

また同ゲームにおいてライバルピースを奪い合う対戦に勝利するためには、選手の必殺技やスキル、属性や相性といった様々なパラメータを考慮したゲーム 戦略を立てることに加え、「ジェネラティブNFT」、すなわち選手をどう育成するかが鍵となるという。

ジェネラティブNFTとなる選手の育成には、「TSUBASAUT」と呼ばれるユーティリティトークンを使用。 「TSUBASAUT」は原作に登場するライバルと戦う対戦モードで獲得することができ、このトークンを使用することで、「選手のレベルやパラメータを成長させること」、「必殺技やスキルを覚えること」、「 2つの選手の特徴を継いで、新たな選手NFTを産み出すこと」などの多数の育成機能があるという。

またこのゲームユーザーは、イラスト、必殺技シーンムービー、ジェネラティブBGMが組み合わさった、世界に一つだけのオリジナルNFTを収集し、プレイすることができるとのことだ。

なおジェネラティブBGMとは、ジェネラティブNFTと同様に、プログラムによる組み合わせで自動生成されるゲーム内音楽とのことだ。 「キャプテン翼 -RIVALS-」においては、新しく「キャプテン翼」の世界へ飛び込むユーザには「キャプテン翼」の魅力を感じてもらえるように、そしてこれまでの「キャプテン翼」関連作品のファンにとってはブロックチェーンゲームの奥深さを感じてもらえるように、音楽家・プロデューサー・DJの大沢伸一(MONDO GROSSO)氏に楽曲制作をしていただいたとのことだ。

なお育成した選手NFTなどは、ゲーム内のマーケットプレイスで売買する事が可能とのことだ。

「キャプテン翼 -RIVALS-」が目指すもの

同ゲームの目標はユーザーに長く楽しんでもらうブロック チェーンゲームにすることだという。そのために次の3つの仕組みを導入するとのことだ。

(1)投機を目的としたユーザーよりゲームを楽しむユーザーがユーティリティトークンを多く得られる仕組み
(2)ユーティリティトークンを使って遊ぶユーザーを優遇する仕組み
(3) ユーティリティトークンの獲得/消費のバランスを取るための動的な制御

そして「キャプテン翼 -RIVALS-」は、トークンの需給バランス調整のための仕組みに力を入れ、ゲー ム経済圏のサステナブルな状態を目指していく。 ・「キャプテン翼」の原作者である高橋陽一氏は「今回、ブロックチェーンやNFTという新しい技術を使ったゲームを出してもらえることになりました。どんな風に遊べるのか、僕自身もまだわからない部分も多いのですが、その分期待も大きいです。今までのゲームとはまた違った形で皆さんに楽しんでもらえたらと思います」とコメントしている。 ・

MONDO GROSSOの大沢伸一氏は「数ある音楽の使途のなかでも、ゲームとの親和性はかなり深いものがあると考えている。特に本作では、1曲に対して複数のアプローチをステムで用意し、組み合わせの妙を楽しむという部分が画期的だと思います」

Thirdverse担当者へ取材

あたらしい経済編集部はThirdverseの担当者へ取材を行った。

−−ブロックチェーンゲームでキャプテン翼のような人気IPを活用することが難しいと言われていますが、どのようにIP側と交渉して実現したのでしょうか?

KLabの翼チームが2011年よりキャプテン翼のIPを活用したゲーム開発をし続けています。またフィナンシェで南葛SCのトークン発行を行なっている流れで、株式会社TSUBASA(『キャプテン翼』の版権を管理)代表の岩本さんとブロックチェーンゲームにも挑戦してみようと話しが盛り上がりました。

Thirdverseのブロックチェーンゲーム事業の事業部長である守安功氏へ取材

あたらしい経済編集部はThirdverseのブロックチェーンゲームの事業部長である守安功氏へ取材を行った。

−−ソーシャルゲームとブロックチェーンゲーム、開発プロセスに違いはありますか?

ソーシャルゲーム黎明期と現状のブロックチェーンゲームの開発プロセス/体制は似ています。ただ、各種バランス調整など気にすべき点が非常に多いです。

−−またソーシャルゲームとブロックチェーンゲームの市場規模の大きさはどれだけ違うと考えていますか?

ソーシャルゲームは広義のモバイルゲームと捉えると、現状の市場規模の大きさはかなり違います。5-10年かけて両市場は大きな重なりを見せてくると考えています。

参考:Thirdverse

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した