アバランチの「BTC.b」、LayerZeroでクロスチェーン転送可能に

アバランチの「BTC.b」がクロスチェーン転送が可能に

レイヤー1ブロックチェーンのアバランチ(Avalanche)にブリッジされたビットコイン「BTC.b」が、レイヤーゼロ(LayerZero)提供のオムニチェーンの技術により、ブロックチェーン間で転送可能になったことが11月18日に発表された。

対象となるブロックチェーンはレイヤーゼロがサポートするネットワークで、アバランチをはじめ、イーサリアム(Ethereum)やポリゴン(Polygon)、アービトラム(Arbitrum)、オプティミズム(Optimism)、BNBチェーン(BNB Chain)の他、ムーンビーム(Moonbeam)、アプトス(Aptos)がサポートされる。また将来レイヤーゼロによってサポートされるブロックチェーンについてもその対象となるとのこと。

「BTC.b:ビットコインアバランチブリッジ(Bitcoin Avalanche Bridged)」は、アバランチで利用されるDeFi(分散型金融)プロトコルの「コア(Core)」を用いてビットコイン(BTC)をアバランチブロックチェーン内にブリッジしたものだ。アバランチによると今までに合計2700BTCがBTC.bにブリッジされ流通しているという。

レイヤーゼロは以前より、複数のブロックチェーンを横断できるクロスチェーン転送を可能とする技術「オムニチェーン(Omnichain)」を提供してきた。今回の発表によると、「BTC.b」は「オムニチェーン」の技術のうち、トークンのクロスチェーン転送を可能にする「オムニチェーンファンジブルトークン:Omnichain Fungible Token(OFT)」を取り入れたとのこと。

これにより「BTC.b」は、前述したレイヤーゼロに対応したすべてのチェーンに対し、簡単に転送できるようになり、流動性の分散から起こりうるトラブルを回避できるとのことだ。

なおアバランチでは、11月10日に同ブロックチェーンのサブネットとして独自のブロックチェーンを「Rust言語」のみで開発を可能にするアプリケーションのリリースを発表。10月18日には「サブネット」のバリデータが「サブネット」独自のトークンをステーキングし、報酬が得られるようにする大型アップデートを実施している。

関連ニュース

コインベースジャパンにアバランチ(AVAX)上場

アバランチ(AVAX)で「Rust言語」のみで開発が可能に、「Rust SDK」がリリース

【取材】ビットバンクにアバランチ(AVAX)上場へ、Cチェーンで

グリーがアバランチ(AVAX)の「Ava Labs」と提携、新設子会社「BLRD」通じて日系企業初

国内初、SBI VCトレードでポリゴン(MATIC)ネイティブトークン上場、アバランチ(AVAX)も

参考:アバランチ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Wiphop-Sathawirawong

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

アバランチ上のAave市場のラップドトークンが担保保証、チェインリンクのPoRで

「Chainlink(チェインリンク)」のChainlink Proof of Reserve:PoR(チェインリンクプルーフオブリザーブ)機能が、「Avalanche(アバランチ)」上の「アーベ(Aave)」に統合されたことが2月7日発表された。「アーベ」エコシステムの開発をサポートする「BGD Labs(BGDラボ)」により統合が実施された。

【2/7話題】Visaがステーブルコイン決済インフラ構築注力か、バイナンスの税務計算ツールなど(音声ニュース)

Visaがステーブルコイン決済インフラ構築に注力か、暗号資産責任者コメント、バイナンスの税務計算ツール「Binance Tax」、β版発表、スウェットコインのウォレットに「Learn and Earn」機能、学ぶと1SWEAT付与、国際決済銀行高官、中銀デジタル通貨(CBDC)は地政学的限界に直面と予測、ラオス中央銀行、ソラミツと中銀デジタル通貨の実証実験を開始、英レボリュート、欧州顧客にETH・ADA・DOT・XTZのステーキングサービス提供か=報道、スタークウェアとチェインリンク(LINK)が提携、テストネットでサービス接続、アバランチ上DEX「Trader Joe」、レイヤーゼロ導入でJOEをクロスチェーン転送可能に、バイナンス、2月8日から銀行を介した米ドルの入出金を一時停止に、米コインベースにAxelar(AXL)上場へ、富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」をパートナーに無償提供へ、損保ジャパン、SBIトレーサビリティ「SHIMENAWA」上で専門保険提供、輸送途上での事故補償、NFT購入で現物のボールが届く、「キャプテン翼」NFTプロジェクトが公開

Sponsored