国内初、SBI VCトレードでポリゴン(MATIC)ネイティブトークン上場、アバランチ(AVAX)も

SBI VCトレードでMATICとAVAX上場

国内暗号資産(仮想通貨)取引所SBI VCトレードで、暗号資産ポリゴン(MATIC)とアバランチ(AVAX)が上場したことが10月26日発表された。

なおMATICについてはイーサリアム上で発行されたERC-20規格のトークンではなく、ポリゴン上で発行されたネイティブトークンとなるとのこと。ネイティブMATICが上場するのは国内初となる。

MATIC、AVAX共にSBIVCトレードの現物取引、貸暗号資産、積立の各サービスで取扱いが開始している。なおMATICの入出庫サービスについては11月頃の提供開始を予定しているとのことだ。

なお国内取引所において、MATICを取り扱っているのはビットバンクとビットフライヤー。ともにERC-20のMATICだ。

またAVAXについてはオーケーコインジャパン、DMM Bitcoin、FTXJapanに続き4例目となる。

SBI VCトレードでは今回の暗号資産新規上場で、合計14銘柄を取り扱うことになった。

MATICとAVAXの他、同取引所ではビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、チェーンリンク(LINK)、ポルカドット(DOT)、カルダノ(ADA)、ドージコイン(DOGE)、ステラルーメン(XLM)、テゾス(XTZ)、ソラナ(SOL)が取り扱われている。

関連ニュース

SBI VCトレードで、カルダノ(ADA)、ドージコイン(DOGE)、ステラルーメン(XLM)、テゾス(XTZ)、ソラナ(SOL)上場へ

SBI VCトレード、マウントゴックスの弁済手続き代理受領業者に

ポリゴン、ゼロ知識証明活用Layer2のテストネット「Harmez」開始へ

耳から学ぶ「ポリゴン」ブロックチェーンとビジネス戦略(Polygon ビール依子)

FTX JPで「アバランチ(AVAX)」上場、国内2例目

参考:SBIVCトレード
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/21話題】デジタルカーボンクレジット決済に「JPYC」活用の検討、英判事がクレイグライトは嘘ついたと指摘など

デジタルカーボンクレジット決済に「JPYC」活用の検討開始、三菱UFJ信託・プログマ・KlimaDAO JP・オプテージら、自称ビットコイン発明者クレイグライト、主張裏付けのため繰り返し嘘をついたと英国判事が指摘、国内初、バイナンスジャパンに「サイバーコネクト(CYBER)」上場へ、国内3例目のマスクネットワーク(MASK)も、Gala Gamesがセキュリティインシデント報告、50億GALAが不正発行、イーサリアム「edcon2024 TOKYO」、渋谷区と提携し小委員会設立へ、トレント大教授、ブロックチェーンの耐量子暗号システムへの移行の必要性を指摘、ミームコイン作成・取引の「Pump. Fun」元従業員逮捕、約125億円の損失被害後