アバランチ(AVAX)で「Rust言語」のみで開発が可能に、「Rust SDK」がリリース

アバランチ(AVAX)で「Rust言語」のみで開発が可能に

レイヤー1ブロックチェーン「アバランチ(Avalanche)」のエコシステム内での開発をサポートする「Rust SDK」のリリースが11月10日発表された。

「Rust SDK」を開発したのはアバランチの開発部門「アバランチラボ・オフィシャル(AvalancheLab Official)」。リリースについては同部門のヘッドエンジニアであるパトリック・オグラディ(Patrick O’Grady)氏が発表している。

今回リリースされた「Rust SDK」を用いることで、開発者は「Rust(ラスト)」以外のプログラミング言語を全く利用せずにアバランチで独自のブロックチェーンを構築することが可能になるとのこと。

現在多くのブロックチェーン開発には「Solidity(ソリディティ)」というプログラミング言語が一般的に開発に使用されている。しかしこの言語はブロックチェーンでの開発のために新たに作成されたものであるため、利用するためには専用の学習を必要としている。このようにブロックチェーンに関する開発には新たに学習する必要のある事項が多いことから、参入障壁が高いとされてきた。

一方アバランチでは、世界でも既に多くの利用者がいる「Go」言語でのブロックチェーン開発が可能になっており、多くの開発者が新しくプログラミング言語を習得することなく参入できたという。

そして今回開発に利用できるようになった「Rust」は、「Go」と同様に多くの製品の開発に利用されている汎用性の高い言語であり、また習得している開発者も多い。そのため「Rust」が開発に利用可能になることで、他の業界の開発者がよりブロックチェーン業界へ参入しやすくなるというわけだ。

アバランチは、2020年9月にメインネットをローンチしたレイヤー1ブロックチェーンで、DeFi環境の構築やツール開発が行えるプラットフォームだ。

アバランチでは異なるデータ構造を採用する3つのブロックチェーンを持つマルチチェーンフレームワークを採用し、重要機能の役割を分担することで高速な処理を実現している。そのためContract Chain(C-Chain)、Platform Chain(P-Chain)、Exchange Chain(X-Chain)が存在している。

またアバランチはイーサリアムのEVM(イーサリアムバーチャルマシン)に対応しているため、開発者はイーサリアムネットワーク上のアプリケーションをアバランチに移植できる他、誰もがアバランチのセキュリティを活用した独自のブロックチェーンを「サブネット」として自由に構築できる機能が搭載されている。

「サブネット」では、独自トークンや手数料などの料金体系等を自由に設定でき、またパブリックやプライベート型など、ブロックチェーンの形態を変更することも可能である。

アバランチは10月18日にハードフォークを伴う大型アップデートを実施。これにより「サブネット」のバリデータが「サブネット」独自のトークンをステーキングし、報酬が得られるようになっている。

関連ニュース

グリーがアバランチ(AVAX)の「Ava Labs」と提携、新設子会社「BLRD」通じて日系企業初

アバランチ(AVAX)のアップグレード「Banff」が完了、サブネットでステーキング可能に

アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達

SBI、スマコン言語「Daml」開発のデジタルアセット社と合弁会社設立へ

ソラナ(SOL)でEVM互換実現へ、「Neon EVM」12月ローンチ

デザイン:一本寿和
images:iStocks/monsitj・dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【7/24話題】デジタルアセットマーケッツがAva Labsと提携、dYdX開発会社がv3を売却交渉中かなど(音声ニュース)

デジタルアセットマーケッツがアバランチのAva Labsと提携、RWAトークンの発行・流通などで、dYdX、開発会社が前バージョンv3を売却交渉中か=報道、米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超、米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ、バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資、香港、アジア初の「インバース型ビットコインETF」ローンチ

バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資

バイナンスラボがプルートスタジオへ出資 バイナンスラボ(Binance Labs)が、「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」基盤のゲーム「キャティゼン(Catizen)」をリリースしたプルートスタジオ(PLUTO Studios)に投資したことを7月24日発表した。 バイナンスラボは、今回プルートスタジオの資金調達ラウンドを主導したとのこと

米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ

9,200億ドル超の運用・管理資産を有する米大手投資管理会社ハミルトン・レーン(Hamilton Lane)が、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「シニア・クレジット・オポチュニティーズ・ファンド(SCOPE)」を立ち上げたと7月23日発表した

米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超

デジタル資産インデックスを提供するCFベンチマークズ(CF Benchmarks)、ビットワイズ・アセット・マネジメント(Bitwise Asset Management)、トレーダーらによると、イーサリアム(ETH)の価格に連動する米国の上場投資信託(ETF)は、7月23日に好調なデビューを飾り、10億7000万ドル相当の株式が取引され

【7/23話題】米SECが「イーサリアム現物ETF」最終承認、海外取引所Gateが日本向けサービス終了へなど(音声ニュース)

米証券取引委員会が「イーサリアム現物ETF」最終承認、23日より取引開始、海外暗号資産取引所Gate .io、日本向けサービス終了へ、ジパングコイン等のRWAトークンをグローバル展開へ、デジタルアセットマーケッツが韓国CREDERと提携、ビットトレード、フォビトークン(HT)取扱い廃止へ、スラッシュ、「Uniswap-Arbitrum Grant Program」から助成金獲得、バイナンスUS、顧客資産を財務省短期証券で運用する承認得る、テレグラム、今月中にミニアプリストアとWeb3用アプリ内ブラウザが導入へ