アバランチ(AVAX)で「Rust言語」のみで開発が可能に、「Rust SDK」がリリース

アバランチ(AVAX)で「Rust言語」のみで開発が可能に

レイヤー1ブロックチェーン「アバランチ(Avalanche)」のエコシステム内での開発をサポートする「Rust SDK」のリリースが11月10日発表された。

「Rust SDK」を開発したのはアバランチの開発部門「アバランチラボ・オフィシャル(AvalancheLab Official)」。リリースについては同部門のヘッドエンジニアであるパトリック・オグラディ(Patrick O’Grady)氏が発表している。

今回リリースされた「Rust SDK」を用いることで、開発者は「Rust(ラスト)」以外のプログラミング言語を全く利用せずにアバランチで独自のブロックチェーンを構築することが可能になるとのこと。

現在多くのブロックチェーン開発には「Solidity(ソリディティ)」というプログラミング言語が一般的に開発に使用されている。しかしこの言語はブロックチェーンでの開発のために新たに作成されたものであるため、利用するためには専用の学習を必要としている。このようにブロックチェーンに関する開発には新たに学習する必要のある事項が多いことから、参入障壁が高いとされてきた。

一方アバランチでは、世界でも既に多くの利用者がいる「Go」言語でのブロックチェーン開発が可能になっており、多くの開発者が新しくプログラミング言語を習得することなく参入できたという。

そして今回開発に利用できるようになった「Rust」は、「Go」と同様に多くの製品の開発に利用されている汎用性の高い言語であり、また習得している開発者も多い。そのため「Rust」が開発に利用可能になることで、他の業界の開発者がよりブロックチェーン業界へ参入しやすくなるというわけだ。

アバランチは、2020年9月にメインネットをローンチしたレイヤー1ブロックチェーンで、DeFi環境の構築やツール開発が行えるプラットフォームだ。

アバランチでは異なるデータ構造を採用する3つのブロックチェーンを持つマルチチェーンフレームワークを採用し、重要機能の役割を分担することで高速な処理を実現している。そのためContract Chain(C-Chain)、Platform Chain(P-Chain)、Exchange Chain(X-Chain)が存在している。

またアバランチはイーサリアムのEVM(イーサリアムバーチャルマシン)に対応しているため、開発者はイーサリアムネットワーク上のアプリケーションをアバランチに移植できる他、誰もがアバランチのセキュリティを活用した独自のブロックチェーンを「サブネット」として自由に構築できる機能が搭載されている。

「サブネット」では、独自トークンや手数料などの料金体系等を自由に設定でき、またパブリックやプライベート型など、ブロックチェーンの形態を変更することも可能である。

アバランチは10月18日にハードフォークを伴う大型アップデートを実施。これにより「サブネット」のバリデータが「サブネット」独自のトークンをステーキングし、報酬が得られるようになっている。

関連ニュース

グリーがアバランチ(AVAX)の「Ava Labs」と提携、新設子会社「BLRD」通じて日系企業初

アバランチ(AVAX)のアップグレード「Banff」が完了、サブネットでステーキング可能に

アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達

SBI、スマコン言語「Daml」開発のデジタルアセット社と合弁会社設立へ

ソラナ(SOL)でEVM互換実現へ、「Neon EVM」12月ローンチ

デザイン:一本寿和
images:iStocks/monsitj・dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。