The SandboxがLINE studioと提携、グローバル市場拡大へ

サンドボックスがLINE studioと提携

NFTゲーム提供の「サンドボックス(The Sandbox)」が、「LINE」のモバイルゲーム開発会社「LINE studio」との提携を11月10日発表した。

この提携により「LINE studio」は、「サンドボックス」内のK(韓国)コンテンツ専用スペース「K-verse」に、同社の人気ゲーム「LINEレンジャー」や「LINEシェフ」などを体験できるエリアの設置が可能にになった。

なお両社は、「LINE studio」のゲームを活用したNFT制作など複数の事業を展開し、プレイヤーに様々な体験を提供する予定としている。なお「LINE studio」はLINEと協力してカジュアルゲームの開発・制作を行い、韓国、台湾、タイ、香港などグローバル市場に向けて発信していくことを発表している。

サンドボックスコリアのCEOであるシンディー・リー(Cindy Lee)氏は提携について「今回のコラボレーションを通じ、グローバルに愛されるLINEスタジオのゲームやキャラクターとユーザーが、メタバースで出会うことができる新しい機会を提供する」とコメント。

またLINE studioのCEOであるイ・ジョンウォン(Jeongweon Lee)氏は「サンドボックスとともに、既存のゲームプラットフォームを超えたメタバースの多様なコンテンツでゲームの新しい楽しみ方をご提案する」と述べている。

サンドボックスとは

サンドボックスはイーサリアムブロックチェーン上に構築されている、オープンワールドのNFTゲームだ。

サンドボックスでは、仮想の土地「LAND(ランド)」を使ってメタバース上のビジネスの立ち上げや、ピクセルモデルを制作するボクセルアーティストとして活動するなど、様々な遊び方ができる。またゲーム内通貨として流通するSANDは、NFTの購入やゲーム内のサービスを利用する際に使用が出来る。

なおSANDは現在、暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンス(Binance)やフォビグローバル(Huobi Global)、OKX(オーケーエックス)、Gate.io(ゲート)、クラーケングローバル(Kraken Global)、クーコイン(KuCoin)などで取り扱われている。なお時価総額は約1370億円となっている(11/11コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

コインベースジャパン、サンドボックス(SAND)とソラナ(SOL)上場

国内初、コインチェックで「The Sandbox」のSAND上場へ

バイナンスUS、「The Sandbox(SAND)」取り扱いへ

LINEの暗号資産「リンク(LN)」、フォビグローバルに上場へ

LINE NFT、「NFT無料配布機能」提供へ

参考:ザ・サンドボックス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【12/6話題】OasysがネクソンやMZ Web3ファンドらから資金調達、Nexoが米国市場撤退へなど(音声ニュース)

ゲーム特化ブロックチェーンOasys、Galaxy Interactive、ネクソン、前澤友作のMZ Web3ファンドらから調達、Thirdverse、中国OKX Venturesと資本業務提携、暗号資産レンディングNexo、規制当局との対話行き詰まり、米国撤退へ、USDCのサークル、SPAC上場計画解消へ、LINEのプロフィールアイコンがNFT対応、正式版が提供開始、コカコーラがFIFAワールドカップ記念NFTを発表、Crypto.com、GMUNKらと、ビットフライヤーにジパングコイン(ZPG)上場へ、米コインベース、「Aavegotchi(GHST)」と「Litentry(LIT)」上場へ、スウェットコイン、SWEAT稼げるNFTゲーム「Sweat Hero」β版ローンチへ、ドラッグ&ドロップでNFT作成可能に、Operaクリプトブラウザが「Alteon LaunchPad」実装へ、バイナンスラボ、DeFi「Ambit Finance」に約6億円投資、クリプタクトのpafin、ウクライナMobilunityと協業で開発コスト7割削減へ、露最大の商業銀行スベルバンクがメタマスク対応へ、独自プラットフォームで

Sponsored