バイナンスUS、「The Sandbox(SAND)」取り扱いへ

バイナンスUSがSAND取り扱いへ

「サンドボックス(The Sandbox)」のゲーム内通貨「SAND」が、バイナンスUS(Binance US)に上場することが10月4日発表された。バイナンスUSは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が米国で展開する取引所だ。

発表によるとバイナンスUSでのSANDの取り扱いは、EDT/米国東部標準時(夏時間)で10月5日8:00(日本時間で同日21:00)より開始する予定とのこと。なお入金はすでに開始されている。

取引ペアについては、SAND/USDおよびSAND/USDTがサポートされるとのことだ。

なおSANDはワールドワイド版バイナンスには以前から上場していたが、規制が異なる米国のバイナンスUSでは取り扱われていなかった。

The Sandbox(SAND)とは

サンドボックスはイーサリアムブロックチェーン上に構築されている、オープンワールドのNFTゲームだ。

サンドボックスでは、仮想の土地「LAND(ランド)」を使ってメタバース上のビジネスの立ち上げや、ピクセルモデルを制作するボクセルアーティストとして活動するなど、様々な遊び方ができる。SANDはサンドボックスでゲーム内通貨として流通しており、NFTの購入やゲーム内のサービスを利用する際に使用が出来る。

SANDは現在、暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンス(Binance)やフォビグローバル(Huobi Global)、OKX(オーケーエックス)、Gate.io(ゲート)、クラーケングローバル(Kraken Global)、クーコイン(KuCoin)などで取り扱われている。なお時価総額は約185億円となっている(10/5コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

バイナンス、DeFiの「GMX(GMX)」取り扱いへ

バイナンス、カザフスタン金融監視庁と暗号資産市場の発展支援で覚書締結

バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で

バイナンス、南アフリカで先物取引の提供再開

参考:バイナンスUS
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表

スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収

デジタル資産取引事業会社の英ゾディアマーケッツ(Zodia Markets)が、デジタル資産のリスク管理ツールおよびポートフォリオ分析機能提供のエルウッドテクノロジーズ(Elwood Technologies)のデジタル資産OTC取引事業会社であるエルウッドキャピタルマネジメント(Elwood Capital Management:ECML)の買収合意について7月17日発表した