バイナンス、カザフスタン金融監視庁と暗号資産市場の発展支援で覚書締結

バイナンスがカザフスタンとMOU

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、カザフスタン共和国の金融監視庁と覚書(MOU)を締結したことを10月3日に発表した。

今回の覚書締結は、カザフスタン共和国における暗号資産市場の発展と、長期的かつ持続可能なプラットフォームの構築に向けたものとなっている。

また同国における違法入手された暗号資産やマネーロンダリング、テロ資金調達を目的とした資産の特定及び遮断が、覚書締結の主な目的とされているとのこと。

なお覚書の調印は、世界中の規制当局および法執行機関の代表者に向けて行われ、バイナンスによるグローバルトレーニングプログラムの一環として実施されたとのことだ。

このプログラムは、バイナンスによるサイバー犯罪や金融犯罪との戦いにおいて、国際当局との協力の発展が目的とされているという。既に同プログラムはフランスやドイツ、イタリア、英国、ノルウェー、カナダ、ブラジル、パラグアイ、イスラエルで実施されているとのこと。

これまでのバイナンスによるカザフスタン共和国での動きとしては、今年8月に暗号資産事業を行う為の予備ライセンスを同国で取得していた。

また5月には、カザフスタン共和国の暗号資産の法的枠組み及び規制政策の策定に向け、同国のデジタル開発・イノベーション・航空宇宙産業省と覚書を締結している。

なおバイナンスは4日にも、ブラジルでの事業拡大とラテンアメリカにおける暗号資産市場の拡大を目指し、新たにブラジルのサンパウロとリオデジャネイロにオフィスを2つ開設したことを発表している。

関連ニュース

バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業の予備ライセンス取得

バイナンス、カザフスタン行政機関と暗号資産法整備に向け覚書締結

バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で

バイナンス、南アフリカで先物取引の提供再開

参考:バイナンス1バイナンス2
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Максим-Ивасюк

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ