コインベースジャパン、サンドボックス(SAND)とソラナ(SOL)上場

コインベースJPがSANDとSOL取扱い開始

国内暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースジャパン(Coinbase Japan)が、暗号資産ザ・サンドボックス:The Sandbox(SAND)とソラナ:Solana(SOL)を取り扱い開始したことを11月1日に発表した。

国内取引所においてSANDが上場するのはコインチェックに続き2例目。またSOLについてはFTX Japan、GMOコイン、SBI VCトレードに続き4例目となる。

両銘柄は、iOSおよびAndroidのコインベースアプリとブラウザ版「coinbase.com」にて、取引が可能になっているとのことだ。なおコインベースジャパンはこれらのサービスで現在販売所機能のみを提供しているため、板取引(取引所)ではなく販売所での取り扱いとなる。

なおコインベースジャパンは今回のSANDとSOL上場により、全14銘柄の暗号資産を取り扱うことになった。

現在同取引所ではザ・サンドボックス(SAND)とソラナ(SOL)の他、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ポルカドット(DOT)、ステラルーメン(XLM)、チェーンリンク(LINK)、エンジンコイン(ENJ)、オーエムジー(OMG)、イーサリアムクラシック(ETC)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、メイカー(MKR)の取引が行われている。

関連ニュース

米コインベース、「Wrapped Axelar(WAXL)」取り扱いへ

コインベースジャパンにメイカー(MKR)上場

コインベース、法定通貨によるUSDC購入手数料が免除に

「Aptos(APT)」がコインベース、バイナンス、FTXに上場へ

米コインベースにイーサリアム上のゲーム「Illuvium(ILV)」上場へ

参考:Twitter
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表